GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ハンマ [H41MB/H60MC]
事業主体名
日立工機株式会社
分類
開発・生産・製造のための機器・設備
受賞企業
日立工機株式会社 (東京都)
受賞番号
12GB10789
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

モーターの回転エネルギーを原動力としクランクに繋がったピストンを押し出しストライカーが打撃運動を繰り返し行う事により、建設現場でコンクリートの破枠や穴あけといった重作業に用いる電動工具である。

デザイナー

日立工機株式会社 開発本部デザインセンタ 山田賢一 岡田雅則

詳細情報

http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/drill/h41mb/h41mb.html

発売
2012年5月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

最適化設計により製品質量を低減し省資源化を実現した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ハンドルはウレタン製ハウジングとし、使用時の振動を最低限に抑える材料をなっている。また、防振構造をやめ部品点数の低減と部品の故障を抑えた。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

操作性の良いハンドルを考案し、両手で保持出来るグリップハンドルを採用し手にかかる疲労低減を図った。これにより快適に且つ確実に作業を行えるようになった。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

小形化、作業性アップ、落下強度の向上、振動低減により作業者の仕事の効率を向上できる。過酷な作業に耐え、高い性能を維持し続ける長寿命な製品を目指した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

シリーズ製品の部品共有率を上げ新規部品に必要な金型費用の低減を図った。

ユーザー・社会に伝えたいこと

安全性や性能、使い勝手向上を図る必要性を常に感じている。使い勝手を向上させ作業負担を少しでも軽減し、ケガや病気によるリスクを避ける手助けをしたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日立工機販売株式会社、金物店、大型ホームセンター
製品掲載ページ
製品掲載ページ

審査委員の評価

本製品は,建築作業時にコンクリートの破砕やはつりなど重作業に使われる電動工具である.振動を発生する機械であるため,使用者の手にかかる負担の低減が重要であるが,本製品ではウレタン製の手指の形に添った凹凸のあるハンドル形状,両手でも握りやすい長さ,作業に応じて簡単に向きを変えられるサイドハンドルによって,押しつけやすく滑りにくい優れた操作性,疲労低減が図られている.落下による破損を抑えるため特に強度の弱い箇所の肉厚を増して堅ろう性を高めるとともに,装飾性を抑えた精悍で堅ろう感のある外観にまとめてあり,優れたデザインであると評価した.

担当審査委員| 山村 真一   國澤 好衛   馬場 了   村上 存   山本 秀夫  

ページトップへ