GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
DLPプロジェクター [Panasonic PT-DZ21K, PT-DS20, PT-DW17K, PT-SDZ21K, PT-SDS20K, PT-SDW17K]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
事務用品・機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GB10767
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「常識を超えるハーフコンセプト・プロジェクター」20000lm業務用プロジェクター。●イベント会場やホール使用に適した超高輝度、WUXGA、コントラスト比10000:1高画質。●クラス世界最小126ℓ、最軽量43kg。●クラス世界最低消費電力2300W。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 ビジネスソリューション事業グループ プロジェクタービジネスユニット 川島孝一

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCデザインセンター AVC第2開発グループ 束原崇

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCデザインセンター AVC第2開発グループ 廣瀬龍一郎、東貞良

発売
2012年6月29日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

●機器の保管/輸送/設置/調整/メンテナンスなどの時間/工数とCO2、コスト、材料の削減に取り組んだ。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

●軽量化(43kg)により2人での運搬が可能となった。底面4辺の凹グリップは2人で縦方向を持てばドアなどの狭い場所での運搬を行うことができる。この凹グリップは手を導くグリップ形状と指の第一関節までしっかり持てる構造で安全性を向上させた。●方向を限定しない上下左右シンメトリーレンズカバーで装着間違いを無くし設置時間を短縮。●スクリーンと本体の中心が合わせやすいレンズセンター構成で設置性を向上。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

●幾何学歪補正機能の性能向上、補正範囲の拡大、PCアプリの新規開発により設置自由度向上と調整時間を短縮。●新たな制御で水平/垂直/台形/円筒/球面/楕円/S字スクリーン/4コーナーなど、どんなスクリーンにも短時間で映像フィットできる。●レンズ位置、ズームを複数記憶し、使用条件に応じた状態に自動で変更するレンズメモリー機能を搭載。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

●イベントや展示におけるプレゼンテーションの可能性を大幅に拡大。産業、企業活動の活性化に貢献。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

●徹底した省資源、省電力化に取り組み業界最高のエコ、エコノミーを実現。持続可能な社会の実現に貢献。●新開発、長寿命ランプ(2000時間)で既存他社に比べ運用コストを約1/2に削減。●小型光学システム、高効率冷却技術で既存他社に比べ約1/2の低消費電力を実現。

ユーザー・社会に伝えたいこと

多くの人が集い高画質な大画面を共有できる場づくりへの貢献。そして保管/輸送/設置/調整/メンテナンスに携わる人々の苦労を少しでも軽減し、関係するすべての人々に笑顔を。そんな想いでデザインしました。

審査委員の評価

業務用プロジェクタとして、約43kgのコンパクトボディーで20,000lmという高輝度化を実現しているというスペックの高さを有し、無駄のないフォルムで丁寧に細部までデザインされている点を評価した。2人で持ち運べるよう取り回しも考慮したグリップなど、細部にも配慮が感じられる。

担当審査委員| 柴田 文江   朝倉 重徳   平野 哲行   山崎 和彦  

ページトップへ