GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
インクジェット プリンター / 複合機 [IPSiO SG 3100 / 3100SF]
事業主体名
株式会社リコー
分類
事務用品・機器
受賞企業
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
12GB10761
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

■SOHOや店舗のバックヤード・窓口・カウンター業務などで使用することも配慮してデザインした、小型A4インクジェットプリンター/複合機。■棚の中やカウンターの下に置いても使いやすいように、プリントアウトは前面に排出。さらに用紙の補給とインクカートリッジの交換も前面で行えるようにした。■プリンターでは前面さえ露出していれば使用できるように、操作パネルも前面に配置している。■環境負荷軽減のため、プリンター動作時でも蛍光灯1本並みの消費電力を実現した。

プロデューサー

株式会社リコー プリンター事業本部 福嶋 徳太郎

ディレクター

株式会社リコー プロセスイノベーション本部 総合デザインセンター 星村 隆史

デザイナー

株式会社リコー プロセスイノベーション本部 総合デザインセンター 株本 正昭、米川 昌弘

詳細情報

http://www.ricoh.co.jp/IPSiO/sg/3100_2100/

2012年8月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

■プリンター動作時でも蛍光灯1本並みの消費電力とし節電に貢献している。■小型化することで、材料の減量化を行なっている。■植物由来のバイオマスプラスチック(一部)を採用し、CO2削減に考慮している。■カートリッジの返却システムにより、確実な再使用を行なっている。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

■デスクサイドや棚の空いたスペースを有効に活用してお客様の置きたい場所に設置できることで、自然な姿勢で機器を操作することが可能。■前面からの「プリントアウト」「用紙補給」「インクカートリッジ交換」にこだわり、フルフロントの使いやすい操作性を実現。■電源ケーブルやLAN/USBケーブルの差し込み口を本体左側面に凹部を設け配置。棚の中やラック上へ設置しても本体の背面に手を回さずケーブルの抜き差しが可能

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

高速カラーインクジェットの小型プリンターを提供することで、接客窓口で迅速なドキュメント作成が可能になり、より快適で効率的な業務が実施できるようになる。またカラープリント/カラースキャンにより対応できる業務や用途が格段に広がった。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

■リコー独自のインクジェット技術とレーザー技術を融合したGELJET技術で、普通紙への高速印刷を可能とし、業務でもインクジェットが手軽に使用できるようになった。■環境負荷低減のために、植物由来のバイオマスプラスチック(一部)を採用し、リサイクルしやすいように、分解しやすい設計とした。■表示パネルには色弱の方にも視認性/識別性の高い青色LEDを採用した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

■プリンター動作時でも蛍光灯1本並みの消費電力とし節電に貢献している。■小型化することで、材料の減量化を行なっている。■植物由来のバイオマスプラスチック(一部)を採用し、CO2削減に考慮している。■インクカートリッジの返却システムにより、確実な再使用を行なっている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

お客様の使用環境に着目し、多彩なワークシーンに適応できる置き場所を選ばない製品をデザインしました。また、あらゆる場面に溶け込む高品質なデザインを目指すとともに、スタイリングにこだわりながら堅実なデザインを実施することで、製品の良さが伝わりやすいデザインに仕上げました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

リコー販売グループ会社・リコーウェブサイト
IPSiO SG 3100 (複合機)
IPSiO SG 3100 / 2100 (プリンター)

審査委員の評価

店舗やSOHOなどの使用環境を考慮し、コンパクトで前面からのアクセスを重視したデザインである。操作パネルや用紙へのアクセスだけでなく、カートリッジのアクセス、ケーブルへのアクセスなども前面から操作できるようになっていることは評価できる。

担当審査委員| 柴田 文江   朝倉 重徳   平野 哲行   山崎 和彦  

ページトップへ