GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
iPadアプリ メモカルプラス [メモカル プラス]
事業主体名
プラスリュウ
分類
生活領域のためのゲーム、ソフトウエア
受賞企業
株式会社スナップ (東京都)
受賞番号
12GA20693
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

MemoCal Plusは直感的な操作性を重視したiPad向けのカレンダーアプリケーションです。手描きで予定を描き込める卓上カレンダーのような使い勝手をiPadで実現していますので、誰でも迷う事なくお使いいただけます。さらに写真配置やテキスト入力などもできるので、自分らしいカレンダーが簡単に作れます。

プロデューサー

横内善男、石原祐輔

ディレクター

石原祐輔

デザイナー

石原祐輔、[プログラム開発:ハル・エンジニアリング株式会社 薄井貴雄、高増 智、小林正弥、清水目 慧]

詳細情報

http://www.plusryu.com/app/memocalplus/

発売
2011年7月28日
価格

350円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Apple App Store内

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

MemoCal Plusはプログラマー集団のHaL Engineering様との協業によって成り立っています。デザインとプログラムを融合させ、新たなモノ作りに取り組んでいく第一歩になりました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

使いやすく、楽しいカレンダー

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

簡単操作で日常的に使えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

よりよいアプリケーションを作る事で他のデザイナーや開発者と切磋琢磨できればと思います。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

分かりやすく、意識しないでも使えるUIが社会に広まることに貢献できれば幸いです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

MemoCal Plusを作るにあたって、デジタルの中に、温かみを感じることを目標としました。手描きで予定を書く事で、テキストにはない“自分らしさ”がでます。カレンダーは予定を書く事で、その日が過ぎれば、思い出にもなります。デザインを目立たせるのではなく、ユーザー自身が作っていくことを前提としたシンプルな作りになっていますので、自分の大切なカレンダーにしていただけたら開発担当として嬉しく思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Apple AppStore
App Store [MemoCal Plus]

審査委員の評価

カレンダーアプリケーションというテーマに対して、ユーザーからみてごく自然と思われる操作方法で、一連の操作を網羅した点が評価される。タップやフリックによる月画面のコントロールと、日付に入った後の手書きによるメモ機能が、ごく自然な形で連動している。iOSアプリケーションの中でも数多くのカレンダーアプリケーションが提案されているが、その中でも日々使いの中でシンプルに十分な機能性を提供することに成功している。

担当審査委員| 中谷 日出   田川 欣哉   中村 勇吾   宮崎 光弘   暦本 純一  

ページトップへ