GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
モーターサイクル [SR400]
事業主体名
ヤマハ発動機株式会社
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
12L001135
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「軽量、スリム、コンパクト」を極めてシンプルな構成で表現した 「 The Motorcycle 」ともいうべきビッグシングルスポーツバイク。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社 MC事業本部第2事業部長 三輪 邦彦

ディレクター

GKインダストリアルデザイン研究所+株式会社GKダイナミックス

デザイナー

GKインダストリアルデザイン研究所+株式会社GKダイナミックス

詳細情報

http://www.yamaha-motor.jp/mc/lineup/sportsbike/sr400/

発売
1978年3月
価格

310,000 ~ 577,500円 (1978年発売当初の価格〜FI化された現在の価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

いいデザイン、生き残るものとは高性能ではなく好性能と言える。高機能、利便性追求の中であえて単気筒の潔さを提案した。シンプルさの追求は人間と道具の距離を近づける。人がいじれるブラックボックスでないことが道具への愛着を深めロングライフとなる。難易度の高い空冷ビッグシングルエンジンでの各種の環境規制に対応しつつ、意志を持ち原型の良さを変えずに時代を生き延びさせる。日本オリジナルのプライド。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

非常に人間的な要素を多数持つ。エンジンの始動は、儀式であり、始動したエンジンは産声を上げた赤ん坊のようであり、単気筒独特のエンジンフィーリングは、人の心臓の鼓動と共鳴するかのような疑似体験を得た、と言う声を多数耳にする。絶対性能は決して高くは無いが、人の感覚に調和する官能性能を持っていると言える。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

絶対性能では無く、官能性能を主軸に提言したモデルであり、このSRを所有すると言う事がオーナーのモデル選択の価値、「人となり」を表現するライフスタイル一つの象徴になっていると言える。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

長期生産モデルとして、ユーザーのパーソナリゼーションを補完するアクセサリー販売や、周辺ビジネス、専門書や関連する業界全体での、長期ビジネスモデルを結果的に構築できた。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

決して急がせないエンジンフィーリングは今の時代に呼応する。無論燃費にも役立ちエコの視点からも、実は現代的である。

ユーザー・社会に伝えたいこと

モーターサイクルは様々な使用目的や条件に合わせ、数多くのかたちを生んできました。このモデルが持つ魅力は、そんな中にあって時代や年齢に左右されない普遍的な価値としての「分りやすくて奥が深い」ことなのだと言えます。簡潔でバランスの良い全体構成と練り込まれた細部の美しさは、例えばクラシック音楽を聴くように、乗る人だけでなく、見る人の多くにも心地よく受け入れられる素地を持っているのだと思っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本全国のYSPなどヤマハバイク取扱店
SR400 時代に媚びないシングルスポーツ

審査委員の評価

担当審査委員| 川上 元美   山本 秀夫  

ページトップへ