GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
大径ホイールスクーター [エックスエンター / エックスエンター125]
事業主体名
ヤマハ発動機株式会社
分類
移動のための機器・設備
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
12GA10652
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

欧州を中心とした市街地移動用途での利便性、快適性、信頼性を追求した前後大径16インチホイールのスクーターです。収納スペースをシート下から着脱可能なリアボックスへ移すことでスリムになったシートによる乗車時の足つき性の良さと、車両後ろ側からでもアクセスしやすいラゲッジスペースを実現しました。また、幅広いユーザーにも扱いやすい走行性能、広くてフラットなフートボードによる足置き自由度の確保、少ない力でも掛けやすいセンタースタンド等にも気を配りました。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社 MC事業本部第2事業部長 三輪 邦彦

ディレクター

ヤマハ発動機株式会社 デザイン本部立体デザイン部長 沼田 務

デザイナー

ヤマハ発動機株式会社デザイン本部 立体デザイン部 太田 充昭/立体デザイン部 神谷 徳彦/カラーリングデザイン部 一色 知行

詳細情報

http://www.yamaha-motor.it/it/plus/credit-system/promozioni-in-corso/promozione-xenter-tan-zero.aspx

発売
2011年10月1日
価格

2,890 ~ 2,990ユーロ (125cc2890ユーロ 150cc2990ユーロ)

販売地域

国外市場向け

設置場所

欧州

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

欧州社会では人間の最小の移動具として歴史的に小径スクーターや自転車から発展したモペッド文化が培われてきた。これらはやはりサスティナブル社会を支える乗り物だと確信している。さらに快適で便利な大径床型のスクーターの進化はその中核をなすものと考える。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

毎日の通勤などに対する走行機能、収納機能などの我慢を取り払いストレスを軽減する「ストレスフリー」を合言葉に開発を行った。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユーザーが自然な姿勢で快適に乗り降りできるよう、使いやすさを考え抜いた低くて広いフートボート。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

欧州専用モデルとして現地生産を行っていて欧州産業に貢献している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

人の自由な移動具のなかでスクーターは一番便利で環境負荷の少ない乗り物の一つである。

ユーザー・社会に伝えたいこと

大径ホイールでフラットフートボードのコンパクトなスクーターは、石畳の路面でも走りやすく、足をそろえて乗れるため、革靴を履いたビジネスパーソンから女性まで日常的に使える便利で快適な移動具です。サスティナブル時代と言われながら今だパーソナルな移動手段が4輪中心の日本において、日常的な市街地移動にとても使いやすいこの移動具の素晴らしさをお伝えしたくて応募いたしました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

イタリア
Xenter125トップページ
Xenterトップページ
ヤマハヨーロッパトップページ

審査委員の評価

市街地用途を目的に、収納スペースをリアボックスに移すことで、乗車時の足つきのよさを実現ししている。大径ホイールにもかかわらず、広くフラットなフートボードのコンパクト設計によって巧みに足もとのスペースを確保した独自のスクーターデザインを評価したい。

担当審査委員| 福田 哲夫   櫛 勝彦   羽藤 英二   原 研哉   吉村 等  

ページトップへ