GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [西調布の家]
事業主体名
株式会社加藤建築設計事務所
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
加藤詞史/株式会社加藤建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
12GA10600
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環境に応答し場所を少しシェアしながら、相互に連携、連続する都市居住の一形態。建物は5つの箱が重なる入れ子状の構成。この構成で、以下の4つのポイントを実現した。1) 周辺とつながる微細な場所をつくり、住宅を街や周辺環境に少し開く。2) 視線をコントロールしながら場所をシェアすることで住まいを隣家とともに拡張。3) 上空からの採光と垂直上方への換気( 水平方向からの給気) による心地よい環境の実現。4) 外部のような空間を中央に重ねることで、室と室の間に実際以上の距離感を創出。(東京郊外の東西方向に長い旗竿立地、敷地面積 104.3m2 延床面積 86.8m2)

プロデューサー

加藤詞史/加藤建築設計事務所

ディレクター

加藤詞史/加藤建築設計事務所

デザイナー

加藤詞史/加藤建築設計事務所

詳細情報

http://www.kotofumi.com

利用開始
2011年2月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都調布市

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

夏を旨とする 大きな空間と各室がつながったワンルームの計画、トップライトからの採光と廃熱などによって通風や採光に配慮した構成をとなっている。その効果もあり、特に夏期7〜 9 月の一次エネルギー消費量*は家電を含めても 10GJ と低く抑えられている。同時に生活者のサステイナブルなライフスタイルも誘発されており、建物が住まい方を誘発している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

1) 専用住宅において、南面からの採光に依ること無く良質な環境を実現。・中央筒状の空間に十分な気積と自然採光、通風を持たせ、開放感と省エネルギーに対応。2)街に対して少し開くことで生まれる開放感と近隣とのつながり。・旗竿部に設けた半公共的な縁側空間=収納本棚をかねた小さな図書空間

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

夏を旨とする家 中央の大きな空間(ダイニング)と各室がつながったワンルームの構成、トップライトからの採光と廃熱によって、通風や採光に配慮した住宅。特に夏期の光熱費を低く抑えている。同時に生活者のサステイナブルなライフスタイルも誘発されており、建物が低エネルギーの住まい方を誘発。冬は南東の座室(リビング)が拠点となり、季節により中心が変わることも生活の魅力となっている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

夏を旨とする効果もあり、特に7〜 9 月の一次エネルギー消費量*は家電を含めても 10GJ と低く抑えられている。同時に低消費型のライフスタイルも誘発されている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

都市に暮らす豊かさの実感は、利便性だけではないはずです。その場所に少し開くことから始まる開放感や広がリ、風や光の環境。同時に塀を建てる所有とは別の方法で近隣との関係を整理する=部分的なシェアがあると考えています。場所を共有することで少しずつつながる小集団の生成は、広く産業振興に寄与するものであると考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

都市に暮らすことの豊かさには、余地があるのではないでしょうか。塀で囲まれた所有を少しだけ破り、近隣と庭や畑、小さな置場所などをシェアする。南面しなくとも、明るさと開放感、温熱環境を確保する。そして何より街に微細に開くことで、吹抜ける風や光とともにその場所に暮らすことを実感する。このような構えから、新しいつながり、小集団が形成され、都市が成熟していく一助になればと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

加藤建築設計事務所
西調布の家

審査委員の評価

都市的な集積度の高い環境の中で、中央の筒状の空間や開口部の配置によって、採光や通風を確保し、さらに環境への負荷を軽減する工夫がなされている点が評価できる。また、旗竿の敷地形状を利用した縁側と本棚を組み合わせ、半公共的な空間を設けている点も都市住宅のあり方として好感がもてる。ただ、中央の筒状の空間の広さが中途半端な感じを受け、また外部に直接面している点もコンセプトを弱くしているように見える。

担当審査委員| 難波 和彦   安積 朋子   篠原 聡子   安田 幸一  

ページトップへ