GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
エアコンディショナー [日立ルームエアコン「ステンレス・クリーン白くまくん」 Sシリーズ RAS-S40C2他]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
12GA10484
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

省エネ性と快適性を向上させたルームエアコンです。在室人数や活動量などを検知するため、カメラと画像処理技術を応用し情報分解能を高め、きめ細かに省エネ運転を制御します。これにより人の場所に合わせて気流を届けたり、人に風をあてないようにする「気流制御」機能を新たに搭載しています。また、暖房時に暖かい風をすぐに吹き出す「すぐ暖房」機能や最大消費電力を低減する「電力カット」機能、さらにエアコン内部に除菌効果のあるステンレスを採用する「ステンレス・クリーン システム」を搭載し清潔なエアコンを目指しました。デザインはシンプルな上下左右シンメトリーの美しさを追求したインテリア調和するデザインです。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 空調事業部 事業部長 青山 貢

ディレクター

株式会社日立製作所 デザイン本部 主任デザイナー 川村邦人

デザイナー

株式会社日立製作所 デザイン本部 藤森俊司、野村皓太郎

下旬発売予定
2012年10月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

省エネや節電意識が高まる社会情勢の中で、省エネ性と快適性を両立させるエアコン本体の高い基本性能と、ユーザーの節電ニーズにこたえる機能を搭載することが、サステナブル社会形成に貢献できると考えました。そこで、基本性能を向上させるべく本体形状をデザインし、消費電力を低減する機能を搭載しました。また、資源の有効活用のために普遍的価値のあるデザインを提供することに取り組みました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

在室人数や居場所、体感温度を予測した制御を行い、省エネ性と快適性を両立させた空調を提供します。また、人の居場所を検知して風向を自動制御する「風あて」「風よけ」機能を設定でき、使用者にあわせた快適性を実現しました。さらに省エネ性能向上で大きくなった本体をフレーム処理でコンパクトに見せ、インテリアに違和感なく調和するルームエアコンを提供します。これにより快適で性能の良いエアコンを導入しやすくしました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活の快適さと省エネ効果が期待できる空調を、ワンボタン操作でユーザーが意識せずに享受できる価値を提供します。また、インテリア調和をめざしたシンプルなシンメトリーデザインと高光沢仕上げの明るく清潔感のあるクリアホワイト色により、生活空間の中でエアコンが必要以上に意識されることなく、調和のとれた美しいインテリアを生み出せるようにして、生活の豊かさ作りに貢献できると考えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本国内向け商品として開発し、生産拠点も日本に置き日本製とすることで、国内の産業活性化に貢献します。使われる現場、市場に近い場所で開発・生産することで、ユーザーニーズに素早く応える、競争力の強い商品として市場に提供でき、販売店様と共に産業としての収益を得ることが期待できます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

日立グループでは製品ライフサイクルの各段階において、製品が環境に与える生涯環境負荷をできるだけ小さくするため、環境配慮設計の考え方を取り入れた独自の「環境適合設計アセスメント」を適用し製品の設計、開発を行っています。本商品においても例えば資源の再利用のしやすい塗装レスの外観仕上げを採用しました。また、本商品では消費電力を抑える機能を搭載し「節電」意識の高まる社会動向へ応えることを目指しました。

ユーザー・社会に伝えたいこと

省エネ性や節電への意識に配慮したルームエアコンを、シンプルなシンメトリーデザインで美しく仕上げることにこだわった。インテリアに調和するシンプルなデザインは、エアコンを必要以上に意識させることなく、空調性能と合わせて快適な空間を生み出すと考えている。「節電」に寄与するさまざまな機能を搭載した商品を美しいデザインと共に提供したことで、社会的な節電活動に寄与できれば本望である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

一般家電量販店、日立チェーンストール

審査委員の評価

本機は、従来のセンサーによる省エネ機能に代わり、新たな機能としてカメラユニットを搭載する事でより効率的な空調制御を可能としたモデルである。あえてその新機能を可視化せずに、前機種の水平基調のフロントパネルスタイルを継承しつつも、より空間調和を優先したノイズレスなデザインを採用しており、スリムプレーンなフロントパネルは、落ち着きのある印象を与えている。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ