GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
照明器具 [無印良品 LED平面発光 コンパクトデスクライト]
事業主体名
株式会社良品計画
分類
家具・インテリア
受賞企業
株式会社良品計画 (東京都)
受賞番号
12GA10460
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

導光板方式による面発光により均等な明るさで照らすことが出来ます。多重影を大幅に軽減できるほか、コンパクトにたため、電池使用も可能なため持ち運びできることも出来るコンパクト設計のデスクライトです。

プロデューサー

株式会社良品計画 生活雑貨部 エレクトロニクスカテゴリーマネージャー 森岡克哉

ディレクター

株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室 白鳥裕之

デザイナー

MIYAKE DESIGN みやけかずしげ

詳細情報

http://www.muji.net

発売
2012年3月
価格

5,900円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

長く大切に使ってもらうために、生活の中で邪魔にならず飽きのこないたたずまいを目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

使用時に多重の影が出ないことでストレスを感じない。分かり易い操作感やどこにでも溶け込み易いデザインの実現。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

折り畳んだときはコンパクトだが、使用時には必要な大きさになるので、場所をとらない。電池での使用も可能なので、デスク上やベッドサイドなど持ち運んで使う事もできる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザインの無駄な要素を極力減らす事でパーツも最小限とし、省資源かつ生産の容易性を実現。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

一つの製品を簡単に持ち運び様々な場所で使用できるようにすることで、所有する商品の絶対数を減らせれば結果的に省資源を目指す社会に少しでも貢献できるのではないかと期待している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

作り手の勝手な都合は出来る限り排除し、生活者が製品を通じていかに快適な生活が送れるかを最優先に考えて企画、デザインを行っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の無印良品店舗
無印良品ネットストア

審査委員の評価

多重影のでない方式で均等な明るさで照らすことを求めたデスクライト。折り畳んだときはコンパクトだが、使用時には必要な大きさになるサイズのシンプルなデザインのデスクライトである。電池使用も可能なため持ち運びも容易であり、安定感と可動部の堅牢性保持も保持できている。ミニマムな割り切り方の潔いデザインである。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ