GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
フォルマックス ラウンジチェアー [コックス]
事業主体名
株式会社エスティック
分類
家具・インテリア
受賞企業
株式会社エスティック (徳島県)
受賞番号
12GA10449
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

このラウンジチェアーは、成型合板による高い背と低いアーム、張りぐるみの座面を持ち、脚部はユーザーの要求に応じて3種のデザインから選ぶことが出来る。特筆すべきは低いアーム部で、座部周囲に包み込まれるような安心感と腕の置き場を確保しながら、肘にかかる圧迫感を開放することで、安楽椅子として重視される「ゆったりとリラックスした居心地」を提供している。脚部のデザインは、金属ロッド、木製四本足、中心軸回転機構付、の三種類から選ぶことが出来、ユーザーが求める環境親和性、機能性に対応する。成型合板のつき板はオーク、ウォールナットの二種類より選ぶことが出来、座の生地はカバーリングでクリーニング可能となっている。

プロデューサー

株式会社エスティック 代表取締役 福村 八十八

ディレクター

オリジン株式会社 取締役開発部長 松田 利計

デザイナー

a studio, 安積 伸

詳細情報

http://www.estic-jp.com

発売予定
2012年11月
価格

95,000 ~ 115,000円 (張り生地、木の種類、脚仕様により価格がかわります。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

エスティック表参道ショールーム

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

木材を効率的に活用できる成型合板などを積極的に採用し、また他の構造にも自然材を用いている。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

現代日本の住環境に考慮した、快適な居住性を持つ安楽椅子を提供することで人間生活の質を向上させる。特徴的な低いアームは、座部に包み込まれるような快適性を確保しつつ、肘や上腕にかかる圧迫感を開放することで、新鮮なリラックス感を提供している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

2種類の木地色、3種類の脚部から選択できるデザインであるため、ユーザーの生活(設置)空間との親和性をより高めることが出来る。小ぶりでとりまわしがよく、軽快な印象を持つ安楽椅子を提供することで、設置空間における家具の圧迫感を軽減し、ひいては快適な空間・生活を提供する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

極端に低いアームは、標準的な人間工学の推奨する寸法の規格外と思われるが、新鮮な魅力を持つ快適性を提供していると確信する。個人的嗜好の強く反映されるプロダクト、特に安楽椅子などの家具においては、標準化、画一志向に対して疑問を投げかけ、人間にとって真に快適なものとは何かを常に考察・実証することの重要さ、価値観の多様性とその受容の大切さをプロダクトとして提示している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

年を経ることで魅力が増す木の素材を主たる材料とし、カバーリングによる衣替えの可能性などを考えることで、飽きが来ず、長期にわたって使用してもらえるよう配慮している。木材を効率的に活用できる成型合板などを積極的に採用し、また他の構造にも自然材を用いることで、廃棄処理時の環境負担の軽減を意識している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「安楽椅子」の身体的快適性を追求しつつ、現代日本人の生活感覚・環境にほどよく馴染む普遍的な魅力をもった家具とは何か、ひとつの考え方を提示している。変則的な低いアームは座の周囲に包み込むような安心感を生みつつ、腕を圧迫感から開放し、軽快で伸びやかな印象を与えている。また設置環境との親和性も重要な要素と考え、三種の脚と二種の合板色から選択できるバリエーション、脱着可能な座面カバーなどを採用。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エスティック表参道ショールーム/大阪ショールーム
(株)エスティック ウェブサイト

審査委員の評価

背面からみる背の曲線と傾斜が美しい。それは成形合板でつくられた背とアーム。ラウンジチェアとしての構成パーツのヴォリュームは少なく、柔らかい素材は座のみと削ぎ落したスリムなデザイン。空間に圧迫感なく存在する。アームは低く、腕の置き場を確保しながら肘に掛かる圧迫感を開放させる。脚は3種類あり、それぞれバランスが良い。座り方に新しさを感じる。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ