GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ギター [サイレントギター SLG-100N シリーズ]
事業主体名
ヤマハ株式会社
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
ヤマハ株式会社 (静岡県)
受賞番号
12L001134
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「SLG-100N」は、「音を消す」というコンセプトをギタージャンルで初めて実現したサイレントギターである。共鳴胴を持たないためサイレント機能を活かすことで、時間と場所を選ばずヘッドフォンを通して周囲に気兼ねなく演奏を楽しむことが出来る。ギター製造ノウハウとデジタル技術の融合により極めて自然な演奏性と音質を実現した。自宅や夜間の練習用として人気を得ただけでなく、入出力端子にCDプレーヤーや電子楽器を接続し合奏や練習などの楽しみ方を拡大。一方ハウリングのない良好な音質はプロバンドやアンサンブルのライブステージでエレアコとして使用され、発売から10年以上たった今も幅広いのお客様に支持されている。

プロデューサー

ヤマハ株式会社 管弦打楽器事業部 GD推進部 商品プロデュースグループ 何木明男

ディレクター

ヤマハ株式会社 デザイン研究所 吉良康宏(当時)

デザイナー

ヤマハ株式会社 デザイン研究所 中嶋一仁

詳細情報

http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/guitars-basses/silentguitars/

発売
2001年12月20日
価格

70,000 ~ 75,000円 (販売価格は税抜き)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

ギターは音響上の理由だけでなく、演奏性の観点からも最適な数種類の木材を機能部品として全体を構成するが、木材は再生可能な循環型の資源であり、地球環境に優しい材料として植樹林活動と連携することで、合理的に使用を後押ししている。高い基本性能以外にも楽器への憧れや信頼に応える本質的なデザインに徹することで、長く愛され使い続けられる、いつまでも飽きのこないデザインを実現した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

軽量、優れた重量バランス、手の小さな子供や女性にも弾きやすいスリムな指板、低い弦高設定とDSP技術による大ホールのようなリバーブで気持ちよく演奏に浸ることが出来る。特に初心者はサイレント機能を活かすことで、ヘッドフォンを通して周囲に気兼ねなく演奏が楽しめる一方、プロやギター経験者は入出力端子を使ってアコースティックギターと同等の演奏性、操作性と、高品質サウンドでステージライブにも十分対応できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

片側のフレームを簡単に着脱する機構によりギターが本来持っている高いポータビリティを更に一歩進め、サイレント機能による優れた静粛性と音質により場所や環境を選ばずリラックスした演奏を楽しむことが出来る新しい概念の携帯性楽器として提案した。自宅やステージといった従来の演奏シーンから開放され、手軽でいろいろな楽しみ方ができることで楽器、音楽が身近になり、生活をより楽しく充実したものへと高められる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本格的な楽器演奏は誰もが簡単に上達し楽しめるようなユニバーサルデザイン的理念とは相容れない要素を持つことは否めないが、日本の住宅環境への配慮や潜在的な演奏希望者の気持ちに応えた楽器作りによって、音楽を演奏する楽しさを伝えることが新たなユーザー開拓へとつながることによって、ギター人口の増大にとどまらず、音楽産業や音楽文化の更なる発展に貢献できると確信している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

アコースティックギターに比べて音のエネルギーが100分の1、音量は10分の1(当社比)の優れた静粛性を持つサイレントギターは、現代の住宅事情のみならず日本人独特の他人を気遣う感性によって生み出された環境配慮型商品。時間と場所を選ばずヘッドフォンを通して他人に気兼ねなくリラックスした演奏を楽しむことが出来る。

ユーザー・社会に伝えたいこと

アコースティック楽器は長い伝統と文化に根ざしており、楽器自体が機能部品で構成されているため従来の形状や構造は大きく変えられない。しかし最新のハイブリッド技術はその本質である従来のギターと同等の性能と演奏性を損なうことなく、全く新しい楽しみ方と斬新なデザインの両立を可能とした。いま一度潜在的な演奏希望者の気持ちに応えたサイレントギターによって楽器演奏の楽しさを伝え、新たなユーザー開拓へとつなげたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ヤマハ銀座店
ヤマハ(株)ホームページ内 サイレントギター製品情報
"Yamaha Design "Museum" SLG-100N"
"Yamaha Design "Synapses" サイレントギターシリーズ"

審査委員の評価

担当審査委員| 川上 元美   山本 秀夫  

ページトップへ