GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
デジタル一眼レフカメラ [ニコン D4]
事業主体名
株式会社ニコン
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
株式会社ニコン (東京都)
受賞番号
12GA10422
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「D4」は、新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー(撮像サイズ36.0×23.9mm)と、ハイスペックなデジタル一眼レフカメラに最適化した新画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載し、高精細・高画質と同時に優れた高速性能を実現した、ニコンデジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルです。有効画素数は16.2メガピクセル。撮像感度域はISO 50相当からISO 204800相当までと極めて広く、幅広い輝度状態で高画質を提供します。

プロデューサー

映像カンパニーデザイン部

ディレクター

映像カンパニーデザイン部

デザイナー

株式会社ニコン 映像カンパニー デザイン部 永岡靖紀、横井康秀、有馬由桂、三浦操、ジョルジェット・ジウジアーロ

詳細情報

http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d4/

発売
2012年3月15日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

高い耐久性と防塵、防滴性により、ユーザーに安心して永く使っていただけるようにしています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

長時間での使用でも疲れにくい、優れたホールディング性、縦位置、横位置同等の操作性、各種操作ボタンのアクセス性等、プロの道具として、最高の操作性を実現しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

あらゆる撮影状況で最高の機能を発揮することにより、決定的なシャッターチャンスや、より高画質な映像を得ることができ、仕事のパフォーマンスの向上が図れます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

極限の性能を追求したD4の開発を進めることにより、要素技術の開発等、カメラ産業の技術の向上に寄与しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

新聞、雑誌などを通し、報道やスポーツを始めとした様々な瞬間を、多くの人々と高画質な写真として共有できます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

プロフェッショナルをはじめ、カメラに極限の性能を求める人たちのために、最高の道具をデザインしました。写真を愛する多くの方々に、実際に触り、使っていただいて、ニコンのフィロソフィーを感じていただきたいと思います。

審査委員の評価

フラッグシップの風格に相応しい佇まいは、精緻感の中に感じられる自由曲面の機能美造形だと思う。背面の操作系周りも、有機的で任意なデザインになりがちな難しいデザインを美しく、ユーザーの慣れを誘うデザインにまとめている。また、カメラを90度回転させて撮影する縦、横の両ポジションに合わせて、グリップ、シャッターボタン、ダイヤルがそれぞれ絶妙に配置されていて、高く評価された。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   田子 學   松井 龍哉   渡辺 弘明   渡邉 誠  

ページトップへ