GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
デジタルカメラ [FUJIFILM X-Pro1]
事業主体名
富士フイルム株式会社
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
富士フイルム株式会社 (東京都)
受賞番号
12GA10417
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

オリジナルレンズマウントによる当社初のレンズ交換式デジタルカメラ。高画質に徹底的にこだわり、光学ローパスフィルターを排除した新開発の1630万画素APS-Cサイズの「X-Trans CMOSセンサー」と、光学ファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を状況に応じて自在に切り替えられ、装着するレンズの焦点距離に合わせてOVFの倍率(広角用/標準用)とフレームサイズをカメラが自動的に選択する「ハイブリッドマルチビューファインダー」を搭載し、ファインダーを覗きながらでも迷わず操作設定できるダイヤルや高品位な金属外装を採用するなど「頂点という原点」を追求したプレミアムデジタルカメラ。

プロデューサー

富士フイルム株式会社 電子映像事業部

ディレクター

富士フイルム株式会社 デザインセンター デザインディレクター 堀切 和久

デザイナー

富士フイルム株式会社 デザインセンター 佐藤 純、青島 雄三

詳細情報

http://fujifilm-x.com/x-pro1/ja/

発売
2012年2月18日
価格

135,000 ~ 150,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

マグネシウム外装による耐久性、独自の高画質なセンサー、高性能レンズ群、アナログダイヤルによる操作系、レンズを資産として次機種に使えるなど、カメラとしての基本機能を高品位にすることで、道具として愛着を持って長く使える製品を目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

電源を入れなくても一目でカメラの設定値がわかり直感的に使えるダイヤル式の操作系と、高品位で見やすいファインダーなど、ハイアマチュアやプロフェッショナルユーザーの高いスキルと要求に応えうる機能と操作性を充実させることで、ストレスなく撮影を楽しんでいただきながら、写真作品を創作する喜びを提供することができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

用途に合わせてレンズを交換することで、思い出を美しく記録したり、日常のひとコマを切り取って写真作品を創作したり、クリエイティビティーを日常生活の中で体験できる。また、「肩から提げて持ち歩ける実用的な道具(カメラ)」を普段から身につけることで、写真的ライフスタイルが始まる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザイン性と量産性のバランスを考えた形状検討を重ね、外観の歩留まりを改善し、安定した無駄のない生産に貢献した。また新興国生産では実現が困難である「高付加価値な素材」「高度な加工技術」「高品位な外観品質」を、日本の高度な技術(ノウハウ)を活用することで解決し、国内産業の活性化にも貢献した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ライフサイクルの短い製品を次々に買い替えさせる消費型の商品ではなく、ユーザーが本当に満足でき長く使える製品を提供することで環境負荷の抑制に貢献できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「カメラに求められること」を原点に立ち戻って考え直した結果、金属外装、ダイヤル操作、見やすいファインダーなどカメラの基本要素の機能が高まっていった。初めから直感的に使えるだけでなく、使いこなしていくことに喜びを感じられるような、長く愛着を持てるカメラを目指してデザイン開発した。ぜひ手に取っていただき、思い通りに道具を操り撮影する愉悦と写真本来が持つ精緻な表現力を体験していただきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

FUJIFILM SQUARE 東京都港区赤坂9丁目7番地3号(東京ミッドタウン)
X-Pro1 スペシャルサイト
X-Pro1 製品サイト
FUJIFILM SQUARE サイト

審査委員の評価

デジタルにすることで、失っていったものがあるとすれば、それは何だろうかと考えさせられた。「学び」が「慣れ」を喚起し、そして心地よい手慣れた「道具」となる。その進化が、少しカメラ好きの大人なら、手に取れば分かるような出来栄えだ。ピントがあった時の音もアナログっぽい。質感の高いノブもダイヤルも金属外装も、アナログ感を高めるための、背景となっているようだ。ビューファインダーを覗きながら、操作することができるには、「慣れ」が必要だが、そのための軍艦天面配置が絶妙な凹凸になって触感だけの操作を可能にしていることも、被写体から目を離させない工夫だと思う。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   田子 學   松井 龍哉   渡辺 弘明   渡邉 誠  

ページトップへ