GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
モバイルWi-Fiルーター [モバイルキューブ]
事業主体名
製品の企画・開発
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
株式会社ネットワークコンサルティング (東京都)
受賞番号
12GA10362
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

モバイルWiMAX通信に対応した高速モバイルルーターで、お客様の利便性・ご利用シーンを想定し、連続通信時間・サイズ・重量・インターネットへの接続所要時間について、その機能を特に追求いたしました。さらに、デザインについても、斬新な配色を施した、スタイリッシュな製品となっております。

プロデューサー

株式会社ネットワークコンサルティング 太田 源太郎

ディレクター

株式会社ネットワークコンサルティング 太田 源太郎

デザイナー

株式会社ネットワークコンサルティング 太田 源太郎

詳細情報

http://nwcs.co.jp/product/mobilecube/

発売
2011年12月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

これまでの機器と比べ、より小さく、より軽い機器でありながら、長時間の連続稼動を実現してことで、エネルギー問題に対して一つの方向性を示せたのではないかと思います。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

まず手のひらサイズで持ち運べるという利便性に加え、いつも肌身離さず持ち歩くという商品が、非常にスタイリッシュでカラフルであるということ、また、ストレスなく簡単に接続できる設定により、気分の向上が見込めると思います。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

このサイズ、このデザイン、この稼動時間、この起動スピードであれば、通信リテラシーの低い方でも、より手軽にインターネット環境を持ち運ぶという新しい生活スタイルの創造や、ライフスタイル自体を変えることが可能だと思います。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

通信端末というと、大手メーカーの寡占状態にあったと思いますが、それほど大きな資本を持たない会社でも、消費者の視点に立ち、創意工夫をすれば参入し成功できるということを証明できたと思います。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

モバイルWi-Fiルーターの利用者、利用希望者はリテラシーが高いと想像しがちですが、リテラシーが低い方でも簡単に利用できる仕様にし、フォーカスできたことは、市場の拡大への貢献につながっていると思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

通信事業全体における考え方、表現を、よりわかりやすく、より簡単にしていきたいと思います。また、"機能性+デザイン・色"というのは、永遠の改善のテーマである、と思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.nwcs.co.jp/product/mobilecube/
UQ WiMAX 公式サイト

審査委員の評価

モバイルルーターへの要求条件は、「小さく軽い」「長い時間使える」の2つであろう。それ故に機能一点張りのデザインになってしまっていた機器であった。この対象は、かばんの中での他のモバイル機器との個性の競争ができるレベルの主張を持ったデザインとなっている。女性にも受け入れられる、カラーも考慮した、というアピールポイントも理解できるがそれ以上に形の成り立ちがきれいなものであることを評価したい。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   田子 學   松井 龍哉   渡辺 弘明   渡邉 誠  

ページトップへ