GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
キーボード [ワイヤレス キーボード]
事業主体名
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント (東京都)
受賞番号
12GA10365
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Bluetooth(R) 無線通信によりPlayStation(R)3とワイヤレスで接続できるキーボード。標準コントローラ"DUALSHOCK3"を使ったときと同じ操作が可能。オンラインゲームやPS HOMEのテキストチャットにも使用できる。パソコンを始めとしたBluetooth(R) 対応製品とのペアリングも可能。19ミリのフルサイズキーピッチでありながらも、キーボードにとって必要最小限の要素だけを残して、造形的には極限まで削ぎ落とし、コンパクトかつシンプルなデザインを目指した。周囲のフチがなくキートップだけが浮いているようなイメージでデザインした。

ディレクター

曽我部卓

デザイナー

野久尾太一

詳細情報

http://www.jp.playstation.com/ps3/peripheral/cechzkb1jp.html

発売
2011年6月30日
価格

5,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

シンプルで飽きのこない造形にすることで、長く使い続けてもらえるデザインを目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

フルサイズキーピッチでありながら、ワイヤレス化と限界までのコンパクト化を実現したことで、家中どこへでも簡単に持ち運びができ、また、ストレスのない文字入力を可能にした。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

収納しやすいよう、縦置きもできる造形にした。また、使ったまま置いてあってもインテリアの一部になるような、飾っておきたくなるようなデザインを目指した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

余計な装飾を一切加えず、造形だけでバリューアップできるデザインを目指し、製造時のコストダウンを実現し販売価格等に貢献した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

キー部分をそのまま全面および上キャビネットにしたり、造形的に限界まで削り落としたため、製品の部品構成が非常にシンプルになり、使用する樹脂の量、金型の種類を減らすことができた。

ユーザー・社会に伝えたいこと

造形的なムダを徹底的に削ぎ落とすことで、シンプルで美しいものができた。過飾を排したミニマルデザインとは一線を画し、多くの機能条件をクリアしつつ、シンプルながら緊張感のあるデザインで、存在そのものの意味も問うた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国家電量販店など
弊社公式ウェブサイト

審査委員の評価

キーボードのデザインは間違いなく難し。その難しい課題に果敢に取組んだ一つのソリューションを提示してもラウことができ、清々しいデザインを見ることができた。極めて機能的構成されたキーレイアウト、造形的なムダを徹底的に削ぎ落とすことに成功しているともに、サイドから見せる表情はとても個性的である。機能的な造形と個性的な主張を共存させたデザインであり美しいくかつ清々しいデザインである。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   田子 學   松井 龍哉   渡辺 弘明   渡邉 誠  

ページトップへ