GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ソープディスペンサー [エレフォーム]
事業主体名
サラヤ株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
サラヤ株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GA10247
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「エレフォーム」は手を差し出すだけで泡状の石けんが自動で吐出されるディスペンサーである。自動にすることにより交差汚染リスクを軽減、衛生的に手洗いを行うことができる。ノズル部は、前にせり出すような形状にすることによって、手を入れるスペースを大きく確保している。これにより泡を手の平に確実に受け取れられるようになっている。薬液は、別売りの薬液ボトル・パウチから補充する仕様。液切れの度に専用の使い切りボトルを購入・廃棄する仕様と比較して、ゴミとコストの削減につなげることができる。以上、衛生面、使い勝手、環境面、コスト面に配慮することにより、衛生の基本である手洗いの習慣化につなげることができると考える。

プロデューサー

サラヤ株式会社

ディレクター

ムラタ・チアキ

デザイナー

ムラタ・チアキ

詳細情報

http://pro.saraya.com/elefoam/

発売
2012年7月2日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

サラヤ株式会社

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

薬液は、別売りの薬液ボトル(容量:2kg〜5kg)・パウチ(容量:450mL〜900mL)から補充する仕様。液切れの度に専用の使い切り樹脂成型ボトルを購入・廃棄する仕様と比較して、ごみの削減につなげることができる。また粘度の低い手洗い液の場合、手洗い時に3分の1近くの石けん液がこぼれ落ちている(弊社調べ)が、本商品は最初から泡状で吐出するのでこぼれ落ちを低減でき無駄を減らすことができる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

手でポンプを押して使う石けん容器と違い、所定の位置に手を差し出せば自動で泡を吐出するので、手の力が弱い人でも使用ができるだけでなく、片手でも泡を手に取ることができるようになっている。誰でも使い易いように配慮された使用方法となっている。また、始めから泡状で吐出されるので泡立てる手間が不要であるのと同時に、手のシワの中まで行き届き、汚れを落とすことができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

本商品は手を差し出すだけで泡状の石けん液が自動で吐出される。ポンプを押す手間が省けるので、手を洗うという行為がより手軽にできるようになる。その結果、手洗いの回数が増え、手洗いの本来の目的である感染予防に大きく寄与できると考える。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

自動で泡を吐出するエレフォームは、手軽に手洗いができるアイテムである。このアイテムによって手洗いの習慣化につなげ、感染予防に寄与するのと同時に、石けん液市場の拡大に貢献できるアイテムと考えている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

薬液は、別売りの薬液ボトル(容量:2kg〜5kg)・パウチ(容量:450mL〜900mL)から補充する仕様。液切れの度に専用の使い切り樹脂成型ボトルを購入・廃棄する仕様と比較して、ごみの削減につなげることができる。また粘度の低い手洗い液の場合、手洗い時に3分の1近くの石けん液がこぼれ落ちている(弊社調べ)が、本商品は最初から泡状で吐出するのでこぼれ落ちを低減でき無駄を減らすことができる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

自動で泡石けんを吐出するこの「エレフォーム」によって、誰もが日々何気なく行う手洗いを、もっと衛生的に、もっと手軽にできるようにした。多くの人に使っていただき、「手洗い」の習慣化、感染予防につなげていきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店など
ELEFOAM

審査委員の評価

従来には無い特徴的な円弧を使用したデザインは、人間の直感的な意識に訴え、思わず手を差し出したくなるような不思議で魅力的なフォルムである。ポンプ式とは異なり、手を指し出すだけで石けんが自動的に吐出されることで、交差汚染のリスクを軽減し、手の力の弱い子供や高齢者など、誰にでも使い易いプロダクトになっている。このカテゴリーのデザインに明るい兆しが見えて来た。

担当審査委員| 和田 達也   岩崎 一郎   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ