GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
洗い流さないヘアトリートメント [イオエッセンス]
事業主体名
ルベル/タカラベルモント株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
タカラベルモント株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GA10197
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

理美容室専売の本質的なダメージケアとエイジングケアを両立した髪の美容液。20代から始まる髪のエイジングに着目し、年齢による内部成分の流出を本質的にケア。3種の剤型が髪質やスタイルに合わせて内面からやわらかく強くツヤやかな、ヘアデザインを楽しみ続けられる髪へと導く。リラックス効果のある天然ハーブローズの香りやベタつかない使用感により、心地よく使い続けられる。ダイヤモンドをイメージしたカットラインは、美しさだけでなくスタイリストの手にフィットする持ちやすい形状で使いやすさも考慮。サロン専売品としてのプロ性、デザイン性をより高次元で具現化し、使用者にさらに付加価値をもたらすデザインを目指した。

プロデューサー

タカラベルモント株式会社 理美容サロン事業本部 化粧品マーケティング部

ディレクター

ツバメヤ合同会社

デザイナー

ツバメヤ合同会社/m&c

詳細情報

http://www.lebel.co.jp/personal/lineup/care/

発売
2012年3月12日
価格

2,100円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

理美容サロン

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

環境配慮型製品の基準(自社基準)を満たしており、環境負荷低減への取組みを実施している。本品はポンプ式のため、お客様が使い続ける上で使用量を調整しやすい設計となっている。また、20代からのエイジングに対応し年齢を問わず幅広く使用出来るため、ダメージによるパサつきだけでなく、髪が弱り始めた細毛の方など様々な人や髪質に対応した機能と仕上がりを実現出来る。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

手にフィットする持ちやすい形状は、サロンワークで手の濡れた状態のスタイリストでも使いやすい。また、オイル・ミルク・クリームジェリー、各アイテムの識別がわかるように透明度で分けることで使用時のわかりやすさに配慮した。さらに、使用後すぐに効果があらわれるためトリートメントをした実感度が高く満足感を与えられる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ツヤ密度成分CMCカクテルが贅沢に配合されているため、サロンで叶える美しいヘアデザインをご自宅でも再現が可能になる。また、すっきりとした香りで沈静化しながら、やさしく心を落ち着かせる天然のハーブローズの香りがより深いリラックス効果をあたえる。さらに、ダイヤモンドを表現したデザインは、美しくなれる予感や期待感を湧き立たせる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

環境配慮型製品の基準(自社基準)を満たしており、環境負荷低減への取組みを実施している。また、ボトルの素材がプラスチックであるため落下などの衝撃に強く、理美容室やご家庭でも安心して使用できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

物理的・ケミカル・季節さらにエイジングなど1本で様々なダメージから髪をまもりながら、3アイテムで様々な髪質に対応しニーズに応えることで、いつの時代でも美しくありたいと願う女性を応援する。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本質的なケアにエイジングケアをプラスした髪の美容液は、一人一人の髪質やスタイルに合わせて選べるだけでなく、リラックス効果の高い香りやベタつきのない使用感など、使用する上での心地よさにこだわった。さらに「美しさ」と「使い勝手の良さ」を両立するデザインで、サロン専売品としてのプロ性、デザイン性をより高次元で具現化し、いつの時代でも美しくありたいと願う女性へ高い付加価値をもたらすことを目指した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

理美容サロン

審査委員の評価

ダイヤのカットが入ったキャップのフォルムと輝くような赤が美しい、洗い流さないトリートメントのボトルシリーズ。造形的な美しさだけでなく、ヘアスタイリストの手になじむ、使いやすくすべりにくい形状を実現しているところが評価された。光のあたる角度で変わる表情は、サロンでも存在感を放つことだろう。各アイテムの識別を透明度と内容物の違いで行うという繊細さによって、シリーズでの統一感が保たれているところもよい。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ