GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
デザイン海苔® [デザイン海苔®]
事業主体名
海野海藻店
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
海野海藻店 (茨城県)
株式会社アイアンドエスビービーディーオー (東京都)
受賞番号
12GA10215
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

食生活の変化によって、板海苔の消費は下降傾向にあり、さらに震災の影響により、生産地の海藻業も甚大な被害を受けた。そこで、海藻文化の魅力を広く伝え、新たな話題性を醸成するため、板海苔自体をリデザイン。板海苔にレーザーカッティングの技術で古来より日本に伝わる紋様を施した。それぞれの紋様(亀甲、組亀甲、麻の葉、水玉、桜)には 長寿、子供の生育、幸運、美しさ等の祈りが込められている。日常の生活の祈りをデザインとして取り込んできた日本人の美意識と、完成された機能を持つことで500年変わる事のなかった板海苔を融合させ、全く新しい海苔を完成させた。

プロデューサー

海野 洋行

ディレクター

重冨 健一郎

デザイナー

重冨 健一郎

詳細情報

http://www.facebook.com/DesignNori.uminokaisouten

発売
2011年8月
価格

840 ~ 15,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

問い合せ先

海野海藻店
Email: info@uminokaisou.jp

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

原料の生産地である南三陸の海苔を使用。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

海苔を使う際に新しい視覚の体験をもたらす。主に外国人に多い「黒いカーボンシートのようだ」というネガティブなイメージの払拭。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

冠婚葬祭などの人生の節目に、刻まれたパターンによって料理に意味を付加できる。伝統紋様を使う事によって、生活とデザインが共存してきた日本文化の再認識をすることができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

海藻業への注目。和食だけでない他ジャンルへの料理の使用の醸成。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

Design NORIを使用する飲食店の集客効果の向上。外国からのオーダーによる日本文化の輸出。

ユーザー・社会に伝えたいこと

長い歴史を持ち、それに伴った文化を醸成してきた日本は大きなターニングポイントを迎えつつあるように感じています。メディアが急速に成長し、自国と世界を同時に観測できる今、世界に必要とされる日本の姿があるはずです。できる事から少しずつ、素敵な日本文化を広めていきたいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

海野海藻店
海野海藻店 Design NORI ファンページ

審査委員の評価

今や寿司ブームの普及と同時に世界中で認知されている日本の「海苔」であるが、震災の影響により、生産地の海藻業も甚大な被害を受けている。そこで、海藻文化の魅力を広く伝え、新たな話題性を醸成するため、板海苔自体をリデザインしたのがこの商品である。板海苔にレーザーカッティングの技術で古来より日本に伝わる紋様を施した。 それぞれの紋様(亀甲、組亀甲、麻の葉、水玉、桜)には、長寿、子供の生育、幸運、美しさ等の祈りが込められている。 日常の生活の祈りをデザインとして取り込んできた日本人の美意識と、完成された機能を持つことで500年変わる事のなかった板海苔を融合させ、全く新しい海苔を完成させている。非常に繊細な美意識を持った海苔は食文化の新しい切り口にもなると同時に地域の復興化にも拍車をかけるであろう。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ