GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
照明器具 [無印良品 ソーラーLEDモバイルライト・充電池タイプ]
事業主体名
株式会社良品計画
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社良品計画 (東京都)
受賞番号
12GA10167
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ソーラーパネルで発電を行い、内蔵充電池を充電することで4時間点灯が可能なモバイルライトです。USB電源からの充電、点灯も可能です。電源:ソーラーパネル/USB+リチウムイオン充電池3。7V300mAh(内蔵) ソーラーパネル:屋外用 ソーラー充電:晴天で約6〜12時間で満充電 USB充電:約2〜3時間 明るさ:Hi・Low2段階切替 連続点灯時間:Hi約2時間 Low約4時間

プロデューサー

株式会社良品計画 生活雑貨部 エレクトロニクスカテゴリーマネージャー 森岡克哉

ディレクター

株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室 白鳥裕之

デザイナー

MIYAKE DESIGN みやけかずしげ

詳細情報

http://www.muji.net/

発売
2012年3月
価格

2,900円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

ソーラーパネルで充電する事で、省エネルギーにつながる。また、長く大切に使ってもらうために、生活の中で邪魔にならず飽きのこないたたずまいを目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

どこにでも溶け込み易いデザインを実現することで、少しでも物によるストレス軽減に繋がればよいと考えている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

旅先に持っていく事も可能なほど、折り畳んだときは非常にコンパクトになるが、使用時には必要十分な大きさになる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

デザインの無駄な要素を極力減らす事でパーツも最小限とし、省資源かつ生産の容易性を実現。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ソーラーパネルで充電できるので省エネルギーになり、一つの製品を簡単に持ち運び様々な場所で使用できるようにすることで、所有する商品の絶対数を減らせれば結果的に省資源を目指す社会に少しでも貢献できるのではないかと期待している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

作り手の勝手な都合は出来る限り排除し、生活者が製品を通じていかに快適な生活が送れるかを最優先に考えて企画、デザインを行っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の無印良品店舗
無印良品ネットストア

審査委員の評価

ジグザグに折りたたんでコンパクトになるソーラー充電の照明器具である。折りたたんだコンパクトな状態で数個並べてソーラー発電ができるのが良い。USB電源からの充電、点灯も可能。節電や災害時のアイテムとしても十分に活用ができ、とてもよくまとまっている。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ