GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
テープのり [ノリノビーンズ]
事業主体名
プラス株式会社 ステーショナリーカンパニー
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
プラス株式会社 ステーショナリーカンパニー (東京都)
受賞番号
12GA10155
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

学生の「ほしい」「かわいい」が詰まったプチサイズのテープのり。テープ幅は学生がよく使うB罫ノートにぴったりの6mmに設定。ペンポーチにもすっきり入り、しっかり閉まるウィンドウキャップでペンポーチの中のゴミやほこりの付着を防ぐことができる。キャップの開閉は片手で簡単に使用できるように、スライド式を採用した。

プロデューサー

プラス株式会社ステーショナリーカンパニー マーケティング統括本部 第二製品事業部 福田瑞穂

ディレクター

プラス株式会社ステーショナリーカンパニー マーケティング統括本部 第二製品事業部 福田瑞穂

デザイナー

有賀デザインスタジオ 有賀博之+プラス株式会社ステーショナリーカンパニー 生産・技術統括本部 R&D本部 成田康夫

発売
2012年3月22日
価格

189円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

環境意識が高まるなかで、文具製品も交換式タイプの商品が増えておりテープのりも例外ではない。しかし、テープのりのカテゴリにおいてはユーザー認知度が低いのが現状である。本製品は見た目の可愛らしさ、使いきりタイプ特有の気軽さに加えて使いやすさを追求することで、今後ユーザーが成長した後1つの本体で長く使用できる交換式タイプへの架け橋を担っている。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

手にフィットし視覚的にも優しいビーンズ型のケース、片手で使えるスライド式新キャップ、携帯に かさばらないコンパクトなサイズ、ユーザーの心をとらえる美しいカラー展開などを特徴とすることで、モノと人の体、モノと人の情緒の間に生まれるストレスを極力抑えることに配慮した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日頃の生活のなかで「貼る」という行為は最も一般的な作業の一つ。粘着テープで貼ること に比べ、のりを使って貼るのはなかなか面倒に思われがち。しかし「貼る」作業は生活のなかで意外 に多く出くわすもの。その作業をきれいに、手軽に、しかも「かわいらしさ」を伴った行為にすることで、生活に「のりで貼る楽しさ」を与え、創造性を醸し出す一助となる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

テープのりは粘着力が強くペンポーチ等で携行した場合「内部にゴミが入って汚くなる。」「使えなくなる」等のユーザー不満があった。本製品はそれらの点に着目し、しっかりゴミが入らないようにフタをすると同時に使用時だけ先端が飛び出す収納性、使用時にキャップがじゃまにならずに持ちやすい合理性、かわいらしさを追求することにより“テープのり”における歴史の中で新しい中高生ユーザーの拡大に貢献できると考える。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

環境意識が高まりに応えるため、本製品は見た目の可愛らしさ、使いきりタイプ特有の気軽さに加えて使いやすさを追求することで、今後ユーザーが成長した後1つの本体で長く使用できる交換式タイプへの架け橋を担っている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本製品は、内部部品の機械的要素を豆のような柔らかいデザインで包み、ターゲットである学生(主に女性)に合わせた。学生のみならず、多くの人々に手に取っていただけるデザインにすることでテープのりの使いやすさ、手軽さを実感していただきテープのり市場全体の認知度が上がることを期待する。また、学生ユーザーには本製品をきっかけに交友関係の輪が広がり、楽しい学生生活の一部になって欲しい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の文具店、百貨店、量販店ほか
http://bungu.plus.co.jp/sta/product/paste/norino_beans/norino_beans.html

審査委員の評価

学生をメインターゲットとして開発された小さいサイズのテープのりである。ターゲットを明確に絞り込み、その結果、テープのり幅を学生がよく使うB罫ノートにぴったりの6mmに設定されているなど、現実的な機能的配慮がされている。小さくても、とても使いやすくデザインされている。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ