GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
手帳 [311はじまり手帳]
事業主体名
issue+design project
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社博報堂 hakuhodo i+d (東京都)
神戸市 (兵庫県)
受賞番号
12GA10146
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

震災の経験と教訓を記憶にとどめ、近い将来必ずやってくる次の自然災害に備えるための手帳です。電力不足が解消された秋以降、首都圏を初めとした直接的な被災地以外の人々の震災復興への関心が急速に薄れていきました。毎日使用する手帳というツールを使って、生活者の中に、震災の記憶を刻み、その教訓を留めることを目指しました。一年前の震災関連の出来事を記載したウィークリー・ダイアリー、過去に日本で発生した自然災害を記したマンスリー・ダイアリー、次の災害に備えるための知識を記した7か条。これらを通じて、いつ起こるかわからない自然災害に備え、緊急時の行動指針を明確にし、長く続く震災からの復興への貢献を目指しました。

プロデューサー

筧裕介、本田亙

ディレクター

松隈太雅

デザイナー

吉岡直、白木彩智

詳細情報

http://issueplusdesign.jp/project/311techo/

発売
2012年2月11日
価格

800円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

(株)博報堂 hakuhodo i+d

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

持続可能な社会とは、人類と地球が必ず直面する自然災害を克服し、次の世代に教訓を伝え残し、人類と地球が確実に前進していく社会であると考えます。そんな災害の克服と教訓の伝承、前進のための手帳です。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

震災が起こった際に家族や大切な人との連絡が取れず、不安な時間を過ごした人が大勢いました。普段の生活から家族で災害対策について話し合う機会を持つことで、次に自然災害が起こった際には不安を減らし、迅速に行動することができます。災害対策についての対話の場を生み出すこともこの手帳の大切な役割のひとつです。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日常生活で自分のスケジュール管理をする手帳として使用しながら、自然と3月11日以降の出来事を思い出し、過去に日本を襲った自然災害をふりかえる。そんな日常生活でできる防災対策のための手帳です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本は世界に誇る地震大国です。阪神・淡路大震災に代表される都市型地震、新潟中越地震のような中山間地域を襲う地震、東日本大震災のような津波を伴う地震、様々な地震に備える「防災」は日本が世界に輸出可能な一大産業になる可能性を秘めています。311はじまり手帳もその一翼をになう商品になると考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本は自然災害大国です。日本人は地震に限らず、台風、大雨、高波、雪崩など様々な自然災害のリスクと隣り合わせで生活しています。この手帳は日本社会に常に「防災」の意識をうえつけるため、そして常にどこかで発生している災害からの「復興」を後押しするアイテムです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「被災地の復興のために、次の震災への備えのために自分も何かできないか」そんなひとりの市民の想いから、この311はじまり手帳は生まれました。あの日から一年以上経ったいま、もう一度考えて欲しいのです。あの日の教訓を今に活かしていますか? この手帳は皆さんが震災の経験と教訓を記憶にとどめ、近い将来やってくる次の自然災害に備える為の手帳です。 大切なあなたとあなたの大切な人を守る為に、ご活用下さい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

フランクリンプランナー東京八重洲店
311はじまり手帳WEBサイト

審査委員の評価

「震災からの復興のためにデザインは何ができるか」ということがワークショップの中で企画されて実現化されたのがこの製品である。一年前の震災関連の出来事を記載したウィークリー・ダイアリー、過去に日本で発生した自然災害を記したマンスリー・ダイアリー、そして次の災害に備えるための知識を記した7か条など、自然災害を毎日意識する工夫がされている。これらを通じて、いつ起こるかわからない自然災害に備え、緊急時の行動指針を明確にし、長く続く震災からの復興への貢献を目指している点を評価した。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ