GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
防災手帳 [被災地がつくった防災+手帳2012]
事業主体名
株式会社日進堂印刷所
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社日進堂印刷所 (福島県)
受賞番号
12GA10145
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東日本大震災の実体験から得た知識や情報を元に制作した防災手帳です。通常の手帳機能に、防災知識を合わせた内容になっています。防災知識のページには、大きく「地震」「津波」「放射能」の3コンテンツに分けて紹介しています。3.11の実体験と、避難所やボランティアの方への取材で分かった情報を、防災ノウハウとしてまとめました。手帳ページには、日替わりで防災豆知識を掲載し、日々の防災啓発に役立つ内容にしました。その他、ペンがなくても書ける複写式メモなど、いざというときに使える工夫を取り入れた手帳になっています。

プロデューサー

株式会社日進堂印刷所 代表取締役社長 佐久間信幸

ディレクター

株式会社進和クリエイティブセンター 企画制作部 営業企画室 佐藤勝裕

デザイナー

株式会社進和クリエイティブセンター 企画制作部 デザイン制作課 平 幸広

詳細情報

http://www.nisshindo.co.jp/bousaitecho/

発売
2011年10月25日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

株式会社 日進堂印刷所
Email: info@nisshindo.co.jp
URL: http://www.nisshindo.co.jp/

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

毎日使う手帳に防災情報を盛り込むことで、日頃から無理なく防災意識を高めることができます。防災ノウハウをまとめたページは読み物として何度も読み返すことができ、また、日替わりで防災豆知識を掲載することで、日々防災意識を高めることができます。いざという時に自分や家族の身を守れる手帳を目指して制作しました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

毎日持ち歩く手帳に防災知識を盛り込むことで、日頃から防災意識を高めることができます。いざというときに、自分や家族、大切な人の命を守ることにつながります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日替わりで防災豆知識を掲載し、災害に備えられるようにしました。また、放射能対策(被ばくの防ぎ方・除染方法等)などを掲載し、毎日の生活に密着した役立つ情報を掲載しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日頃から防災意識を高めておくことで、いざという時に、混乱や被害を最小限に押さえ早期の対処・復旧が期待できます。これは、普段の生活にいち早く戻ることにもつながります。また、放射能への正しい知識や対応法を紹介することで、風評被害の払拭にもつながり、モノが売れないといった事態を防ぐことにつながります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

手帳を通して、日々の防災意識を高めます。防災意識の啓発により、被害を最小限に抑えます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

1人ひとりが日頃から災害に備えて準備すること・意識を高めておくことで、混乱や被害を最小限に抑えることができます。また、命を守ることにつながります。この手帳を通して、1人でも多くの方の防災・減災に役立てていただけたら幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社 日進堂印刷所ホームページ(通販サイト)
Amazon.co.jp:被災地がつくった防災+手帳2012
被災地がつくった防災+手帳2012/日進堂印刷所

審査委員の評価

東日本大震災の実体験から得た知識や情報を元に制作された防災手帳。 ペンがなくても書ける複写式メモなど、避難所やボランティアの方への取材で分かった緊急時に使える工夫を取り入れた手帳になっている。 現場の声を現実のプロダクトに実現させていくアプローチを高く評価したい。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ