GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
メモパッド [オリッシィ]
事業主体名
大和出版印刷株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
大和出版印刷株式会社 (兵庫県)
受賞番号
12GA10140
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

〈orissi|オリッシィ〉は、チェック機能が付いたメモパッドです。買いものメモとしてデザインされましたが、ToDoリストやチェックリストにも使えます。メモシートの各行(リスト項目)には屋根型のチェックタブが付いています。あるリスト項目の作業を終えたら、チェックタブを折り曲げて処理済みとします。これによりリスト項目の処理・未処理をひと目で判別でき、リストを何度も読み返す必要がありません。

プロデューサー

神戸派計画

ディレクター

菅原仁

デザイナー

菅原仁

詳細情報

http://www.kobeha.com

発売
2012年11月15日
価格

378円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

開発元の大和出版印刷は、環境保護印刷に力を入れています。環境保護印刷推進協議会の「クリオネマーク」と日本印刷産業連合会の「グリーンプリンティング」で、ともに最高ランクの認証を受け、すべての印刷工程において、サステイナブル社会の実現を意識した取り組みを重ねています。また製本会社は、FSC森林認証を取得し、世界の森林保護への貢献を目指しています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

高齢者や身体障害者などの歩行が不自由な方には、〈orissi〉のチェック機能が役に立ちます。チェックミスによる、本来不要な歩行・移動がなくなり、身体的な負担を軽減できます。また、買いもの以外の用途も、アイデア次第です。その日の仕事を書き出してToDoリストにしたり、作業手順を記してチェックリストにしたり、未知の用途がいろいろ考えられ、使用者の創造性を喚起するツールともいえます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

〈orissi〉は買いものから生まれたツールなので、ショッピングを楽しく便利にするための工夫をこらしています。チェックタブによる買い忘れ防止機能で、生活の手間を軽減するのはもちろんのこと、くらしを楽しみたい人たちのちょっとした自己表現意欲を、さりげなくサポートできるよう、いままでにない個性的なフォルムに加え、豊富なカラーバリエーションを用意しました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

〈orissi〉をToDoリストやチェックリストとして使うことで、産業や社会に貢献できると考えます。毎朝その日の仕事をリストに書き出し、処理を終えるとチェックする。作業手順を書き出し、部下の指導に使う。オフィスや工場における、適正で効率的な業務遂行や従業員教育に用いることができます。個人のスキルアップから、企業のマネジメント力強化にも貢献できる可能性を秘めています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

買いものを楽しく効率的なものにしたり、オフィスワークを漏れなく確実なものにしたり、〈orissi〉は社会の隅々で、人々の「能力」を変えてゆく可能性を秘めています。日々気持ちよく働き、仕事の出来ばえを高め、その結果として、社会が豊かで暮らしやすいものになればと願っています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

一生活者として、日々のくらしを楽しいもの、豊かなものにしたい、という思いがあります。〈orissi〉を思いついたのは、近所のスーパーでした。白菜をカゴに入れては、リストを上から下まで読む。売り場を移れば、また一から読む。家に帰れば、豆腐の買い忘れに気づく・・・ なんとも非効率。リスト項目ごとにタブをつくり、折り曲げてチェックするというアイデアは、そんな「主夫目線」から生まれました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

オンラインショップ〈fromkobe.jp〉
オンラインショップ〈fromkobe.jp〉
神戸派計画

審査委員の評価

爽やかなグリーンのメモパッド。左縦面にあるギザギザのパターンが特長であり、とんがり部を折り込むことで、視覚的に認識しやすく分類することが可能であり、また未処理と処理済み案件を際だたせておくこともできる。シンプルなアイデアだが、実用性が高い優れたデザインである。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ