GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
折敷 [聖山-折敷-]
事業主体名
ウーゴデザイナーズオフィス&坪岡林業
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
ウーゴデザイナーズオフィス×坪岡林業 (奈良県)
受賞番号
12GA10129
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

聖山(ひじりやま)の折敷を通して「佇まいのある暮らし」を感じてもらいたいと考えています。例えば、スーパーで買ってきたお寿司を盛り付けるだけで少し粋な食事風景が生まれたり、草花や果実を置くだけで季節を感じる空間に変化します。この折敷は「敷く」、「盛る」、「運ぶ」など、その行為によって[人の所作]や[物の趣]を美しく引き立たせる・・・あくまでも主役は使う人であり、置かれる物であり、食べる食材です。だからこそ製品デザインには最低限の様式美のシンプルな美しさを追求しています。

プロデューサー

坪岡林業 坪岡常佳

ディレクター

ウーゴデザイナーズオフィス 坪岡徹

デザイナー

坪岡徹×坪岡常佳

詳細情報

http://www.hijiriyama.com/

発売
2012年2月
価格

3,500 ~ 7,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

問い合せ先

ウーゴデザイナーズオフィス
Email: tsubooka@ugo-d.com

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

山を育てないかぎり良い木は育ちません。山は人が育てます。木を作る人も使う人も山が必要だと感じてもらうことが大切です。聖山の商品を通して、また生産地に足を運んでもらうことで日本の林業をより多くの人に知ってもらい、手付かずの山林を減らしていくことに結びつける努力をしていきたいと考えています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

佇まいや趣は空気感の美しさであり、作法や所作などは行為の美しさです。物や人との関係性の美しさ、これは最も日本人が得意とする美の考え方です。日本人の美意識は引き算の世界であり、それがシンプルな物を美しく使いこなす和の考え方でもあります。この製品で多くの人にそれを伝え、感じてもらい、「佇まいのある暮らし」を楽しんでもらいたいと考えています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

モノが溢れ、十分すぎるほど満たされている暮らしの中で、「モノで身の回りを満たしても満足できない、それは生活が豊かになるわけではない」という事を多くの人が感じ始めています。それよりも草花を摘んできて置いてみる、それを素敵だと思う・・・そんな心の豊かさにつながる物づくりをしていきたいと思っています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

聖山製品の裏面にはブランド名ではなく、MADE IN YOSHINOと刻印しています。作り手と使い手の関係が製品の販売で終わることなく、その先、吉野という地域、美しい吉野材に興味を持ってもらうことが大切です。製品を通して地域を知ってもらい、足を運んでもらうことで地域産業、日本の林業の活性化につなげて行くことを考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

吉野杉(奈良県)の柾目を使っています。この均一で細かく、美しい木目は自然と人の技術の融合で生み出されるものです。それには吉野独特の植林方法と気候、長い年月が必要です。植林からモノ作りが始まっていると言えます。間伐材などを有効利用することも重要ですが、それ以上に山を継続的に育てていくことが環境と経済の両立につながるという事を知ってもらいたいと考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

聖山製品は、私たちの心の中にある「美」を引き出すきっかけになってほしいと考えています。「敷く」、「盛る」、「運ぶ」など、人の行為によって生まれる様々な美しさ、そして使う人と共に変化していくモノの価値。現在の消費社会の中で、いま一度「美しさとはなにか」「モノの価値とはなにか」を考えてもらえるきっかけになればと思っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

奈良県吉野郡吉野町橋屋1番地 坪岡林業

審査委員の評価

一枚板の折敷は、シンプルであるが故に、本来の主役であるべき置物や食材、そして使う人を引き立てる。しかしよく見ると、その木目の美しさや仕上げ感は極めて上質であり、持ち上げるときに指先がかかる程度の底面のテーパーなど、気配りも感じさせる。どこにも過剰な表現は見られないが、ただ凛とした爽やかさが感じられる逸品である。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ