GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ミニ骨壺 [ミニ骨壺 シンプルモダン]
事業主体名
株式会社メモリアルアートの大野屋
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社メモリアルアートの大野屋 (東京都)
受賞番号
12GA10131
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

身近に置いて故人を偲び、大切な人との絆をいつまでも感じることで、自分自身の心の支えとなり悲しみを癒す小さな骨壺。

プロデューサー

株式会社メモリアルアートの大野屋 商品企画開発室 奥野一孝

ディレクター

株式会社メモリアルアートの大野屋 商品企画開発室 奥野一孝

デザイナー

株式会社メモリアルアートの大野屋 商品企画開発室 奥野一孝

詳細情報

http://www.ohnoya.co.jp/temoto/cinerary-urn/sim.shtml

発売
2010年10月1日
価格

15,750円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

消費者にゆだねることになります。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

大切な方を失った悲しみを癒し、支え、励ましになります。手の中に納まり、大切な人を感じる事が出来るサイズです。金属の堅牢なつくりとしっかりとした重みが、安心感を与えます。豊富なカラーバリエーションがあります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

宗教を問わず、どんな空間にもマッチする質感の高い塗装とフォルム。故人との思い出の場所へ持っていく事も出来ます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

葬祭業界に新しい供養のスタイルを提案し、新たなビジネスチャンスを生み出します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

家族や大切な人との絆をより深いものにします。供養のスタイルの幅が増えます。嫁ぎ先で実父母のご供養を望む方、お墓が遠く頻繁に行けない、住宅事情でお仏壇を置けないなどの問題を解消します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

手元供養という商品はあまり認知されていない商品です。私のデザインしたミニ骨壺シンプルモダンが暮らしの中で、大切な方を失った方の悲しみに対し、心の支えになればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

メモリアルアートの大野屋 メモリアルギャラリーさぎ沼店
メモリアルアートの大野屋 楽天市場
メモリアルアートの大野屋 webshop
メモリアルアートの大野屋 ホームページ

審査委員の評価

ますます過密化し核家族化する社会では、「自宅で納骨・供養」という弔いのスタイルも見られるようになっている。小さいけれど、魂の尊厳を守ってくれそうな品質感と重量感のあるミニ骨壺は、残された人の悲しみを癒してくれることだろう。個人の価値観や好みに左右されるものであるだけに、審査においては、審査委員自身が、「自分だったら受け入れられるか?」という視点で評価した。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ