GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
つめ切り [SUWADAつめ切りSOFT]
事業主体名
株式会社諏訪田製作所
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社諏訪田製作所 (新潟県)
受賞番号
12GA10047
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

最高の切れ味を誇るSUWADAつめ切りシリーズに、滑りにくいソフトグリップを採用しました。ナイフ用鋼材を使用して、高圧鍛造で鍛える材料作りから最後の仕上げに至るまで、すべて熟練した職人の手仕事によって生み出されます。使いやすさを重視して、しっかりと握れるグリップと、パテント取得済のインナースプリングを採用し、従来より使用感が格段にアップしました。

プロデューサー

小林知行

ディレクター

小林知行

デザイナー

三浦達朗

発売予定
2012年10月
価格

7,980円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

本体材料を二種類だけで構成し(ステンレス鋼とエラストマー樹脂の2素材だけで部品構成をしている)研ぎ直し等のリペアとメンテナンスが可能で、さらに商品寿命の尽きた後も容易にリサイクルができるよう素材を吟味した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ネイルニッパーは、きれいに爪を切ることが、機能的な条件でありまた刃物としての基本です。本品は良く切れる切っ先と、滑りにくい安定したグリップ感のハンドルで、握った力を余すところなく刃先に伝え、格段に切れ感を高めました。容易に握ることのできる独自の形状とも相まって、爪の手入れがしやすく、指先の健康を守ります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

本品は高圧鍛造で鍛えた材料を用い、工程のすべてが手仕上げです。そのため堅牢で直しも可能で、長くお使いいただけます。切れなくなって廃棄される使い捨ての道具ではなく、良いものを長い年月に渡り使用できる、ユーザーの愛着に応える道具を提供し、成熟した生活スタイルへの変換を促します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

爪のケアには「良い」道具を使う事で、「良い」手入れが可能です。本品の性能の高さである切れ味は、刃物としての「良品」のあり方を我々刃物産業界に提言し、業界全体のレベルアップに貢献できればと思います。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ニッパーは安価なものから高価なものまで存在しますが、刃が切れなくなるとそのまま廃棄されてしまいます。愛着を持って長く使用していただけるように、刃砥ぎなどメンテナンスを随時受け付けており、60年以上の連続使用を想定しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

本品は超高圧鍛造で堅牢に作り上げ、長寿命を誇ります。熟練職人の手仕上げは、使用後の砥ぎ直しも可能です。自動の機械加工では一品ずつのダメージの違いに対応できません。お客様に長く安心をし続けていただけるよう、「良く切れ、長く切れ、そして直せること」 これが刃物を作る我々の責務と思っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

SUWADA OPEN FACTORY SHOP

審査委員の評価

良い道具を長く使うことは、エコロジカルな側面からも、所有し使用する喜び=愛着を育む側面からも大切な事柄である。このつめ切りは60年以上の使用期間を想定し、砥ぎ直しなど繰り返しのメインテナンスに応えられるよう、高圧鍛造された刃先を、熟練した職人の手作業で仕上げている。グリップ部分は手指の役割に応じた適切な形状にデザインされており、インナースプリングの適度な補助と相まって、上質な魅力ある使用感を与えてくれる。日本の真摯な物作りのへ姿勢は、次代をデザインするために欠かせない視点であるとして評価された。

担当審査委員| 戸谷 毅史   川島 蓉子   サイトウマコト   廣田 尚子   山田 晃三  

ページトップへ