GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
グリルパン、キャセロール、深型鍋、楕円鍋 [プロ・アルテ シリーズ]
事業主体名
株式会社岩鋳
分類
食卓・調理用品
受賞企業
株式会社岩鋳 (岩手県)
盛岡商工会議所 (岩手県)
地方独立行政法人岩手県工業技術センター (岩手県)
受賞番号
11G03037
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

優れたデザインと高い技術の出会いから、ヨーロッパの人々をも満足させる高品質な商品が生まれました。「南部鉄器 プロ・アルテ シリーズ」は、南部鉄器400年の歴史に、新たな1ページを刻む画期的な取り組みです。高い鋳造技術による繊細で上品な南部鉄器は、国内はもとより海外でも高い評価を得ています。このプロ・アルテ シリーズの開発事業は、ヨーロッパのライフスタイルに合う新商品を生み出すことを目的として、フィンランドのデザイナーと盛岡の職人たちの協同のもとに進められました。ヨーロッパの感覚と南部鉄器の技法が融合したことで、ホテルやレストランから一般家庭まで、幅広く使える優れた調理器具が完成したのです。

プロデューサー

盛岡商工会議所

ディレクター

地方独立行政法人岩手県工業技術センター 理事兼企画統括部長 町田俊一

デザイナー

タウノ・タルナ

詳細情報

http://www.ccimorioka.or.jp/nanbutekki/index.html

発売
2009年4月1日
価格

7,000 ~ 20,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

デザインの普遍性の追求。流行によるモデルチェンジ等の必要としない、外見だけを売り物にするデザインを避け、長期の製品寿命を持たせるためのデザインの実現。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

食材に最適な加熱が行え、食材の持ち味を活かした調理を可能にする。結果として美味しい料理の実現に大きな効果を発揮すること。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

調理、料理の重要性、楽しさを認識させ、同時に高品質な調理を提供することにより、食の価値を高めることにより、豊かな生活の実現に貢献する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ヨーロッパ市場をも視野に入れた現代感覚に溢れるデザインの南部鉄器を市場に投入することにより、従来、和風イメージで販売している南部鉄器の市場や顧客の幅を拡大することに貢献できる。また、今回の開発によられたデザイン上の工夫点は他の製品にも活用することができ、輸出製品のデザイン向上に貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

リサイクル可能で、廃棄されたとしても有毒物等を含まない素材の使用による環境負荷の低減。効率よいIH等の電熱利用を重視したCO2削減への貢献。

ユーザー・社会に伝えたいこと

道具はいつまでも使い続けることができる高い普遍性が重要であり、更に道具を使う楽しさ・喜びなどの価値が必要であると思っている。特に震災後の現在でこそモノを大切に長く使い続けることを考えなければならない。しかし、モノを大切に長く使い続けると言ってもモノにそれだけの価値がなければその実現は不可能である。このような意味で今回の応募対象は使う楽しさを提供しながら高い普遍性を持ったモノであると考えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.kodawariyasan.com/njb/njb_top.htm

審査委員の評価

伝統的な南部鉄器は鉄瓶に代表される和のイメージが大きい。その技法を生かしつつ、新たな機能とデザインによってより幅広い需要拡大を狙った製品である。モダンでシンプルであるが、機能的な緩やかな波形の組合せが美しい。重量に若干課題は残るが、南部鉄器に新たな展開を期待させる。

担当審査委員| 黒川 玲   南雲 勝志   山村 真一  

ページトップへ