GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
中学生の職場体験支援プログラム [タウンワーク トライワーク]
事業主体名
(株)リクルート
分類
社会貢献活動のデザイン
受賞企業
株式会社リクルート (東京都)
受賞番号
11G15024
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

中学生の社会や大人との接点を増やし「仕事にかける想い」を取材し記事にする事で、大人になることが楽しみになり働くことに興味を抱くことを支援するプログラムです。中学生は地域社会の一員として街の仕事を取材するという役割を担います。 職場体験の事前の動機付け(働くこと、働く人について考える)と職場体験の事後学習(地域で働く人の「働き」を共有する)を行い「街のシゴト調査員」に扮して地域の「働き」を取材し原稿へまとめます。リクルートは一連の活動を支援する授業の実施と製本を行い冊子を学校へ納品します。冊子は協力いただいた事業所、地域や保護者の皆様にも地域の仕事を知ってもらうためのツールとして活用されます。

プロデューサー

(株)リクルート 花形 照美・鹿島 由美・坂本 綾乃・福森 梓・辰巳 哲子 (株)リクルートメディアコミュニケーションズ 田中 麻絵 (株)リクルート オフィスサポート後藤 昌平・小野口 淳也

ディレクター

WATCH 浜辺 明弘/(株)リクルート 小林 淳・萩原 幸也

デザイナー

WATCH 浜辺 明弘/イラストレーター 大滝 まみ

詳細情報

http://www.recruit.jp/csr/knowledge/trywork/index.html

開始(2007年フィジビリティ 2008年?開始)
2008年4月1日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

株式会社リクルート CSR推進室 タウンワークトライワーク事務局
Email: twtw@r.recruit.co.jp
URL: http://www.recruit.jp/csr/knowledge/trywork/index.html

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

中学生が、社会人や人との接点を増やすことで、大人になることが楽しみになり、働くことに興味を抱くことを支援しています。働くことは、社会や人に働きかけるということで、社会が人との関わりで成り立っているということ、学校の属する地域の方に、地域で働く人たちの「仕事にかける想い」を共有し、地域間コミュニケーションもサポートし、地域の人がそれぞれに抱く「仕事にかける想い」を共有します。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

中学生が職場で仕事を体験するだけでなく、大人が仕事に対しどのような想いをもっているかを自分達で取材し記事にする事で、体験学習で教えられたことを体得し、経験を伴う知識として定着させ、成果を高めることができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

職業名から偏りがちなイメージを、中学生がプログラムを通し様々な角度から見つめなおすことにより、今まで見えなかった仕事の一面に気づくこと、仕事に対しての認識がかわる等価値を提供しています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

キャリア教育という観点、中学生が働く事や未来を楽しみになるように、より良い機会を提供する事を目指しています。また、出版社の機能を活かした質の高い印刷の冊子を提供しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

中学生が取材した、地域の人がそれぞれに抱く「仕事にかける想い」をまとめた記事は冊子となります。地域商業施設や保護者へ配布され、中学校の属する地域で働く人たちの「仕事にかける想い」を共有し、地域間コミュニケーションもサポートします。

ユーザー・社会に伝えたいこと

将来に希望を持てない若年層のために何かをすること。それがテーマでしたが、『大人が子どもに何かをしてあげる』というスタンスでは子どもたちが“お客さま気分”になってしまう。このプログラムは、子どもたちが自分たちにしかできない“働き”を原稿作成を通して地域に還元する、そのための機会や役割を支援するというリクルートらしさを活かしたスタンスで開発しました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

プログラムを実施している生徒の保護者、地域の職場体験先事業所のほか、地域図書館、区役所など、学校から配布された地域エリアに完成した冊子を配布。
http://www.recruit.jp/csr/knowledge/trywork/index.html

審査委員の評価

中学生に働くことや大人になることを楽しみにさせる、新しい職場体験のかたち。子どもたちが取材し記事を書き上げた求人情報誌は大人にとっても新鮮である。取材を受けた大人にとっても、子どもが書いた自分の「仕事にかける想い」は誇らしい。大人に何かしてあげる体験は、子どもに達成感と自信を与える。学校、家庭と街の仕事場に新しいつながりが築かれる。社会が子どもを育てるというのはこれからの社会の大切な方向であり、本プログラムはより良い社会を目指した、新しい社会の仕組みのデザインである。

担当審査委員| 大島 礼治   黒川 玲   堀井 秀之   松井 龍哉  

ページトップへ