GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン大賞

受賞対象名
カーナビゲーションシステムによる情報提供サービス [東日本大震災でのインターナビによる取り組み「通行実績情報マップ」]
事業主体名
本田技研工業株式会社
分類
社会貢献活動のデザイン
受賞企業
本田技研工業株式会社 (東京都)
受賞番号
11G15018
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東日本大震災の被災地域でのスムーズな移動を支援する目的で、震災翌日の3月12日よりHondaのカーナビ「インターナビ」会員の車両から収集した走行実績データを活用した通行実績情報を公開した。又、この通行実績情報を活用した地図を、Googleは「Google 自動車通行実績情報マップ」として3月14日から、Yahoo! JAPANは「Yahoo!地図」道路通行確認マップとして4月21日から公開した。更に4月27日からは両社に渋滞実績情報の提供も開始。この通行実績情報を、被災地域に居住する方々や被災地域へ支援に向かう方々に、より現地の道路通行状況を把握するのに少しでも役立てて頂ければと考えている。

プロデューサー

本田技研工業株式会社

ディレクター

本田技研工業株式会社 インターナビ事業室 室長 今井 武

デザイナー

本田技研工業株式会社 インターナビ事業室 企画開発ブロック ブロックリーダー 田村 和也・企画開発ブロック 主任 野川 忠文・企画開発ブロック チーフ 菅原 愛子

左から、今井 武/田村 和也/野川 忠文/菅原 愛子

詳細情報

http://www.honda.co.jp/internavi/

利用開始
2011年3月12日
価格

0円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

本田技研工業株式会社 インターナビ事業室
URL: http://www.honda.co.jp/internavi/

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

もともと、インターナビのサービスは会員に提供することを目的として始めたサービスであるが、長年にわたって会員の方々から収集させていただいた情報によって、災害時にどなたでも利用できるサービスとして発展させていくことができた。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

通行実績情報は、どなたでも閲覧、編集ができるデータの形式で公開を行った。そのデータは防災を研究する機関などの第3者によって様々な情報と組み合わせたりする事で活用された。又、そのデータを活用してGoogleが作成した「自動車通行実績情報マップ」やYahoo! JAPANが作成した「道路通行確認マップ」は、パソコンはもちろん携帯電話やスマートフォンなどがあればどなたでも利用できる形で提供された。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

スマートフォンや携帯電話が普及している事を前提に被災地域という特殊な状況下から、支援に向かわれる被災地域以外の方にまで、幅広く生活者の役に立つ、柔軟性の高いサービスを提供できた。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

1981年に世界で初めてカーナビを実用化させたHondaは、20年以上の時を経て、会員の走行データを活用した「インターナビ」を2002年に世界で初めて実用化した。カーナビをこれまでの道案内を行う“地図代わり”の道具ではなく、例えば今回の通行実績マップのように活用することで、今後のカーナビにとっての、ひとつの新しい方向性を示すことができたと考えている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

この通行実績マップを、被災地域に居住する方々や被災地域へ支援に向かう方々に、より現地の道路通行状況を把握するのに少しでも役立てていただければと考えている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

何よりも、この通行実績情報が被災地域に居住する方々および被災地域へ支援に向かう方々に少しでも役に立てば幸いです。また、この取組みは、インターナビ会員の方々の協力なしには実現しませんでした。そのご協力に心より感謝したいです。このインターナビは、もはや道案内を行う“地図代わり”の道具ではありません。今後も進化し続けるインターナビにどうぞご期待ください。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

「Google 災害情報特設サイト」 http://goo.gl/saigai より「Google 自動車通行実績情報マップ」・「Yahoo!地図」道路通行確認マップ http://map.yahoo.co.jp/pl?fa=in&road=all よりご利用いただけます。

審査委員の評価

会員の走行データを活用した最適ルート案内を2003年からHonda独自の双方向通信型「インターナビ」として実施していた、その通行実績情報が東日本大震災の翌日から威力を発揮したことは記憶に新しい。被災地に向かう支援物資の車両、ボランティア団体、被災関係者などはこのオープン化された情報にどれほど助けられたことだろう。Googleはこの通行実績情報データを「Google自動車通行実績情報マップ」として3月14日から公開し、Yahooも「Yahoo!地図」として4月21日から公開することにつながった。Hondaは情報の正確さを求め、前日の24時間以内の情報のみを毎朝10時に更新するなど被災地に向かう人々へ提供し共有を続けた。その後、自動車各社もこれに追従し、情報を提供し始める。独自に進めていた双方向通信型カーナビによる通行実績情報が大震災時に応用できると誰が予測しただろう。この実績をもとに世界の震災時に役立てられるように展開して頂きたい。長年の企業努力と震災後のサービス提供に対して、担当した審査委員一同は最も高い評価をしました。

担当審査委員| 大島 礼治   黒川 玲   堀井 秀之   松井 龍哉  

ページトップへ