GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
街ブランディングの取り組み [柏市オリジナル「まちのコスチューム」]
事業主体名
三井不動産レジデンシャル株式会社
分類
コミュニティ・地域社会のデザイン
受賞企業
三井不動産レジデンシャル株式会社 (東京都)
受賞番号
11G15005
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「街の、職場の、美しい舞台衣装をつくる。」をコンセプトに、柏市全体における普及を目指し製作された、まちのオリジナルワークウェアを製作。すべての職場は働く人にとってのフロントラインであり、ワークウェアは、機能性や安全性とともに、働く人をいきいきと見せ、そのプライドに見合う美しさをそなえて欲しいという想いで取り組んだ。街のインフォメーションセンター「柏の葉アーバンデザインセンター」の清掃スタッフのワークウェアや「パークシティ柏の葉キャンパス 二番街」の様々なスタッフのワークウェアに導入。今後は、柏市全体への普及を図っていく。

プロデューサー

三井不動産レジデンシャル株式会社 執行役員 千葉支店長 植木 宏一 / 千葉支店 開発室 主査 大宅 将之 柏商工会議所 総務課 課長補佐 中島 貴洋

ディレクター

スパイラル/株式会社ワコールアートセンター 松田朋春 大田佳栄 高橋牧子 株式会社ユニフォームサービス 小泉 敏雄 株式会社読売広告社 早川友己 中村賢昭 清水勇輝 松井啓

デザイナー

ひびのこづえ

ひびのこづえ

詳細情報

http://www.31sumai.com/mfr/G9910

利用開始
2010年8月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

「パークシティ柏の葉キャンパス 二番街」管理センター&清掃&カフェエスタッフが着用

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

街のオリジナルユニフォームは、街への愛着と誇りを生みだし、街に所属して働く、街の一員という意識付けを行うことで、就労意識の向上、働きたいと思わせる意識改革を行っている。また、ユニフォームの普及に伴う売上は、街の活性化になるよう街への還元していく仕組みを目指している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

袖を取り外し可能なつくりとし、夏冬兼用であること、またフリーサイズでサイジングを調整可能なつくりとすることで、働く者にとって、使い勝手の良さを提供している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来の機能性・安全性を最優先に考えられただけのワークウェアではなく、機能性・安全性に加え、街の風景の一部として洗練されたデザインのワークウェアを身に着けることで、すべての働く人はより、誇りを持って働くことができるようになるだろう。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

柏商工会議所と、地元メーカー「ユニホームサービス」との協業により、一般にも流通可能なワークウェアとし、柏市全体への普及を目指している。また、一般流通における売上は、街の活性化につながるような仕組みを目指しており、まちのユニフォームが広がれば、街の愛着醸成かつ、地域の活性化にも繋がるといえる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

街オリジナルのコスチュームを通して、着ている者同士の連帯感を強めたり、自尊心や規律あるいは街への愛着を高めることで、街に所属して働く、街の一員という意識づけを行っている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

すべての職場は働く人にとってのフロントラインであり、裏方という職業はありません。すべての働く人は街の風景の重要な一部です。誇らしく、格好良く街を闊歩し、街に彩りを添えて欲しい。そんな想いで、街という「舞台」に、プロフェッショナルとして登場するための美しい舞台衣装をつくりました。今の厳しい経済環境において、ポジティブな働き方を象徴するデザインとして、他地域・世界に発信することを目指しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

購入:株式会社ユニホームサービス、見る:パークシティ柏の葉キャンパス 二番街
http://www.uniform-service.com/

審査委員の評価

災害時に政府や行政の人たちが着るユニフォームを見るたびに、これほど似合わない、着る人を生き生きさせない衣装もないのではと思えるし、とにかく着ていれば「頑張っている証し」といううさんくささがついて廻る。街のアイデンティティの一つになり得るユニフォームは、機能性はもとより「着ている人が元気に楽しく美しく見える」優れたデザイン性が必要だろう。もしそうであれば、働くことの楽しさと同時にその仕事のエキスパートとしての誇りが、雇用のチャンスの拡大にもつながるだろう。「信頼のユニフォーム」としてこの試みを評価したい。

担当審査委員| 大島 礼治   黒川 玲   堀井 秀之   松井 龍哉  

ページトップへ