GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウェブサイト [フグアイドットコム]
事業主体名
株式会社デジタルハーツ
分類
ビジネスソリューションのデザイン
受賞企業
株式会社デジタルハーツ (東京都)
受賞番号
11G14033
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当サイトは、製品の"不具合"(消費者が製品に対して不都合であると感じる事象を幅広く"不具合"と呼称しています)に関する情報を、公表された情報・消費者からの声、双方共に幅広く収拾・掲載することを主な機能とし、製品の一層の品質向上、製品に対する消費者の安心を目指すサイトです。メーカー側が想定もしていなかったような部分でも製品の問題点を早期に発見することができ、万が一製品の回収等の事態に至った場合でも告知を速やかに広めることが可能です。また消費者にとっては、製品の不具合情報を投稿・閲覧することで、製品購入前の参考情報を得たり、また製品の欠陥から発生しうる危険等から身を守ることが出来ます。

プロデューサー

株式会社デジタルハーツ Fuguai.com事業本部 河野 亮

ディレクター

株式会社デジタルハーツ Fuguai.com事業本部 河野 亮

デザイナー

株式会社デジタルハーツ Fuguai.com事業本部 河野 亮

Fuguai.com事業本部長 河野 亮

詳細情報

http://www.fuguai.com/

サービスオープン
2008年7月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

当サイトは、「次の製品の品質向上」に繋げるための意見を収集することを目的としています。環境やエネルギー問題など、現在焦眉の急を叫ばれている種々の問題も製品品質の一環であり、当サイトの活動そのものがサステナブル社会の実現に資するのではないかと考えております。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

当サイトで扱う「品質」は、明確な不良、欠陥と言ったもののみならず、消費者が使ってみて「使いにくい」等といったものも含み、しかも当該情報に対してユーザー同士で意見交換を行うことができます。従って当サイトは、例えばユニバーサルデザインの観点から、製品に対する意見交換の場として活用することができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

当サイトは、「次の製品の品質向上」に繋げるための意見を収集し、同時に公開しています。これらの情報の中には、消費者にとって危険を招きかねない情報(出火の可能性等)が多数存在しています。当サイトは、私たちが生活の中で日常的に利用する製品の「安全」「安心」という重要な情報を、分かりやすく提供できるものと考えております。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

当サイトは、「次の製品の品質向上」に繋げるための意見を収集することを目的とし、それらの情報はメーカーにとって製品開発上非常に有益なものになりうると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

当サイトは、前述のように不具合をテーマにしております。ここで申し上げる“不具合”は、消費者が製品を使用する上で不都合と感じること全般を含む広義のものであり、これには例えば騒音等は勿論、近年問題視されることの多いエネルギー、省エネ等の観点も含みます。これらの“不具合”について意見交換をし、次の製品の品質向上を目指す当サイトは、社会や環境に対して少なからず貢献できるものと考えております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

年々高度化・複雑化するモノ作りにおいて「安心・安全」は必要不可欠な要素ですが、同時に不具合の発生は切っても切り離せないものです。だからこそ、消費者に不具合の情報を伝える企業の義務と、それを知る消費者の権利を当サイトで表現していきたいと思います。加えて当サイトは、決め細やかな日本の消費者の生の声を企業へ届ける架け橋たらんとしており、この両面からより良い製品創出の一端を担いたいと思っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.fuguai.com/

審査委員の評価

重要な取り組みであり、コールセンターをサポートしている企業がユーザーから持ち込まれる不具合の情報をオープン化するところに面白みがある。課題設定で明確で解決手法も明解であり、解決によって得られるベネフィットが高いビジネスソリューションのデザインとして評価した。

担当審査委員| 國澤 好衛   西山 浩平   吉田 順一  

ページトップへ