GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
RFID [ゆめぱ・プラス]
事業主体名
城崎このさき100年会議
分類
サービスのデザイン
受賞企業
城崎このさき100年会議 (兵庫県)
独立行政法人産業技術総合研究所 (茨城県)
受賞番号
11G14018
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

城崎温泉は1400年の歴史がある伝統的温泉地で7つの外湯と温泉街で構成され,観光客は浴衣で外湯や街をめぐる.近年では,入湯券を電子化し街全体で観光客の履歴を把握しサービス向上に取り組んでいるが,観光地としてのイメージである伝統的温泉地の風情と高度な情報技術を調和させることが新たな課題である.ゆめぱ・プラスは,糸状のICタグと糸状のアンテナを織り込んだ布で作られた「ゆかた」と「のれん」によるRFIDシステムで,これを電子入湯券システムに導入・試験運用することで,伝統的な温泉街の風景の中に高度な情報システムを融合し,「浴衣の似合う街」としての城崎温泉の価値向上に寄与する.

プロデューサー

城崎このさき100年会議/独立行政法人 産業技術総合研究所 上岡玲子 独立行政法人 産業技術総合研究所 山本吉伸

ディレクター

城崎このさき100年会議/独立行政法人 産業技術総合研究所 上岡玲子

デザイナー

城崎このさき100年会議/独立行政法人 産業技術総合研究所 上岡玲子

試験運用実施
2011年9月1日
価格

2,500,000円 (のれんシステム1台とRFIDテキスタイル1反あたりの価格)

販売地域

日本国内向け

設置場所

城崎温泉

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

年間80万人のお客様の利用状況がデータとして把握できるので,適切な開湯時間を設定でき,資源の有効利用が促進される.また,入場券を紙で提供していたときには,各宿で不足にならないように実際に必要な枚数よりはるかに大量の印刷物を準備しておく必要があり,それらは有効期限がくれば大量の廃棄物となっていた.ゆめぱ・プラスではそのような資源の浪費を避けることができる.

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ゆめぱ・プラスは,高度な情報システムでありながら,特殊な装置としての外観をもたず,長年使われているゆかたを着て,のれんをくぐるという動作を通して情報を取り出すことができることから誰にでもすぐに使える情報システムである. また,携帯型カードなどは取り出して装置にカードをあてる手間がかかるが,本技術は,出入りの身体動作で検出が可能なため,人への負担を軽減できる.

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ゆめぱ・プラスは,文化的様式を守りながら情報システムを導入することができる. 新しい技術を導入することで,これまでの生活の中の様式や方法をかえなければならないという常識をくつがえしている.また,ハイテクを意識することなく利用できるゆめぱ・プラスは,高齢化が進む温泉観光地でも抵抗なく運用できると期待される.

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

最高のサービスはお客様がサービスを受けていることを全く意識しない中で提供されるサービスである.ゆめぱ・プラスでは,街全体でくつろいだ空間を演出する目的で利用される,ゆかたを利用し,電子的サポートをうけているのをお客様に意識させずに質の高いサービスの提供が実現できる.こうした技術と知見は城崎温泉にとどまらず,あらゆる地域の観光地ビジネスの発展に寄与し,こうした地域の街づくりに有効な手段となる.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ハードウェアであるゆかたやのれんはソフトウェアのシステムを変更すれば必要な場所に持っていき,設置すればすぐに使うことができるので人や環境によりサービスを柔軟に変更でき,稼働することが可能である,これにより,個人に応じたサービスの実現や国際化への対応など,同じハードウェアで様々なサービス応用が可能となる.

ユーザー・社会に伝えたいこと

地域の特性を活かしながら,それぞれのコミュニティが豊かに生活していくためには,情報システムの仕組みがどうしても必要です.その時に重要なのは,人がシステムにあわせるのではなく,システムが人にあわせることだと考えます.ゆめぱ・プラスでは,高機能テキスタイルを用いてやわらかな情報システムを実現しました.このことで,人や生活文化を守りながらイノベーションの実践が可能であることを皆さんに知って欲しいです.

どこで購入できるか、
どこで見られるか

兵庫県豊岡市城崎町

審査委員の評価

プールや温浴施設などで現金を使わずに決済する方法は既にいろいろあるが、本件は地域特性に合ったテーマを保持しながら、ICタグで決済や情報化を実現している点が特徴である。ユーザーにとっても違和感のない体験が可能であり、温泉街特有のサービスモデルとなり観光振興にも繋がっている点を評価した。

担当審査委員| 黒川 玲   南雲 勝志   山村 真一  

ページトップへ