GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウェブサービス [エムクラウド 管理組合支援サービス]
事業主体名
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ
分類
サービスのデザイン
受賞企業
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ (東京都)
受賞番号
11G14011
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当サービスは、マンション管理組合の運営業務を効率化するグループウェアです。マンション管理組合特有の業務内容や意思決定プロセス、課題などに対応する「コミュニケーション機能」「データ蓄積・検索機能」「出欠確認機能」「メール一斉配信機能機能」などを通じて、マンション管理組合の運営業務をサポートします。

プロデューサー

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 事業推進部 栗原 克仁 高橋 寛享 円岡 雅樹

ディレクター

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 事業推進部 円岡 雅樹 大槻 俊幸

デザイナー

株式会社エレファント・コミュニケーションズ

詳細情報

http://kanri.m-cloud.jp/

発売
2011年4月11日
販売地域

日本国内向け

問い合せ先

株式会社つなぐネットコミュニケーションズ 事業推進部
URL: http://www.tsunagunet.com/

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

当サービスの活用方法の1つとして、修繕履歴情報の蓄積を提案しています。建物寿命の延命に貢献することは、サステナブル社会の実現につながると考えます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

「解りやすさ」と「多機能」の同居方法として、いくつかの入力項目を初期状態であえて隠しておき、必要な時にクリックする事で詳細な設定項目を表示する等の工夫を施しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

議事録の確認・修正、会議の出欠確認・日程調整、膨大な紙資料の保存や閲覧をアナログ的な手法で運営してきたが、当サービスを利用することで、新しい効率的な運営の手法を提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

当サービスの利用により、理事会活動の活性化・管理意識の向上につながり、マンション管理業のサービスレベル向上に貢献します。また、修繕履歴情報の蓄積などに活用する事により、資産価値の維持をはかり、既存住宅流通業の適正化にも貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

理事会が発信する「共有資産に対する取り組み」や「マンション内イベント」などが、住民間のコミュニケーションの種となり、コミュニティの形成に貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

当サービスが少しでも理事会業務をサポートし、多忙な理事さんのお役に立つことを願います。また、とても間接的で長い時間のかかる話かもしれませんが、理事会が活性化する事で、メンテナンスの行き届いたマンションや、笑顔あふれるコミュニティが存在するマンションが増え、その周辺地域にも良い影響を与えていき、しいては街や国全体が豊かになることに貢献できれば嬉しいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

サービス概要はこちらをご覧下さい。 http://kanri.m-cloud.jp サービスのご利用をご検討の場合は、以下のお問い合せフォームからご連絡ください。 https://kanri.m-cloud.jp/inquiries/new
http://www.tsunagunet.com/

審査委員の評価

マンションの管理形態は様々存在しているが、区分所有者で構成される一般的な管理組合においては、設備管理・清掃等の日常的な管理実務は専門会社に委託しているものの、理事会運営やマンション内催事等への対応は、組合員の自発的な活動に依存しているのが実態である。このサービスは、シンプルに管理組合の理事会運営に特化し、これまで手つかずだったマンション組合の運営実務をクラウド環境でサポートしようとするものである。ニッチなサービスではあるが、きめ細やかな視点で開発されたサービスシステムとして評価できる。

担当審査委員| 國澤 好衛   西山 浩平   吉田 順一  

ページトップへ