GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ニコルソン [ニコルソン]
事業主体名
株式会社ドワンゴ
分類
ソフトウェアのデザイン
受賞企業
株式会社ドワンゴ (東京都)
受賞番号
11G13020
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ニコルソンは、誰とでも簡単・気軽に音声コミュニケーションを楽しめるiPhoneアプリです。非同期コミュニケーションと同期コミュニケーションの両方をカバーし、いつでもどこでも声のぬくもりに触れることができます。音声を投稿して、他の人からコメントがもらえる非同期コミュニケーション「るすログ」と、最大5人が同時に通話できる同期コミュニケーション「ライブ」を用意しているため、好きなときに好きな場所で、誰かとすぐにおしゃべりを始められるのです。電話とも違う、ラジオとも違う、新しい音声コミュニケーションの誕生です。

ディレクター

山崎淳

デザイナー

山口義之

山口義之

利用開始
2011年9月12日
価格

0円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

コンテンツが循環して使用され続ける仕組みを取り入れています。具体的には、ユーザーが投稿した音声メッセージは常に再生が可能で、その回数が増えればランキングの上位に表示されます。万一新規の投稿が途絶えたとしても、過去の音声メッセージをうまく掘り起こすことでコンテンツが枯渇しないようになっています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

現在メールやWebによって、文字によるコミュニケーションの頻度が非常に高くなっています。しかし本来は、口頭で行うコミュニケーションが最も意思の疎通に適した形だったのではないでしょうか。ニコルソンは、文字だけでは伝わらなかった細やかな感情を声に乗せることができます。これにより、人間の本来的な表現のありかたを見直すきっかけに貢献できるのでは、と思います。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

人とのつながりによる心の豊かさを提供します。周りに人がいないとき、誰かに電話でもしなければ会話をすることもできません。しかしニコルソンなら、常にあなたの声を待っている人たちがいます。例え用がなくても、声を使ってつながることができます。文字だけでは生まれない声の温かみを感じさせることができると考えています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

産業を活性化するものはアイディアから生まれるイノベーションだと思います。そしてアイディアを生みだす刺激にニコルソンは貢献できます。ニコルソンは、これまで遠くの人と話をするのに必要だった通話料は不要で、全く知らない人と突然会話をすることができます。新たなアイディアを生みだす刺激的な会話が、そこかしこで生まれるものと考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

人それぞれが個々に動くのではなく、多くの人とつながりを持ちながら生きる時代です。そんな状況にありながら、長らく音声通話というものは1対1で使われるものでした。ニコルソンでは最大5人同時での音声通話を可能にしました。またそれを多くの人に聴いてもらうこともできます。現代社会に適したコミュニケーションスタイルの確立に貢献できるのではないでしょうか。

ユーザー・社会に伝えたいこと

インターネットが社会に広く浸透してから、全く見ず知らずの人とネット上だけでつながることも珍しくありません。しかし会って話すのに比べると、文字だけで完結するコミュニケーションはどこか無機質です。一方ビデオによる会話が最もリッチな方法ですが、いつでもどこでも、というわけにはいきません。その間を行くニコルソンの「あえて音声だけ」という制約で、気軽さと人の温もりを両方感じてもらえれば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ニコルソン - 声でつながるiPhoneアプリ
http://nicolson.jp/

審査委員の評価

ユーザー同士が繋がる様々なソーシャルアプリケーションがある中で、今までにない音声によるコミュニケーションを中心に制作したことが面白い。同期と非同期のコミュニケーションの特性を上手く利用して、それぞれのアプリケーションが魅力的に設計されている。このiPhoneアプリから、ユーザーによる新たなコミュニケーションのスタイルが生まれることが予想される。

担当審査委員| 宮崎 光弘   中谷 日出   暦本 純一  

ページトップへ