GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
iPhone用アプリケーション [プロ野球! Data & Live]
事業主体名
株式会社ズームデザイン
分類
ソフトウェアのデザイン
受賞企業
株式会社ズームデザイン (東京都)
受賞番号
11G13019
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

2008年7月にiPhone 3Gが発売され日本に本格的なスマートフォン時代が始まりました。そこで私たちがネットワークと常時接続してさまざまな情報にいつでもアクセスできるスマートフォンにふさわしいコンテンツを追求した結果、到達したのがプロ野球データアプリでした。サッカーやテニス、ゴルフなどがいかに人気を集めても、つねに日本の「見る」スポーツの王様であり続けるプロ野球。その数多くのファンに、スマートフォンの機能を生かしたデータ分析の楽しさを知っていただくために。試合速報から、選手成績、対戦分析など、これでもかという詳細なデータを網羅し、プロ野球の新しい魅力を引き出すことを目指しました。

プロデューサー

佐藤勇,葛本尊広

ディレクター

葛本尊広,平賀安利

デザイナー

葛本尊広,中嶋孝

詳細情報

http://www.baseball-datalive.com/

発売
2011年4月10日
価格

1,500 ~ 1,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

従来、ラジオ、テレビ、新聞、雑誌で見ることが多かった、プロ野球の試合速報や試合結果、チーム成績、選手成績などがスマートフォンで気軽に閲覧できるようになることで、電力消費、紙使用量、印刷、輸送にかかるエネルギー消費などの抑制をすすめます。選手名鑑も電子化によって分厚い冊子を印刷することなく、つねに最新の情報が閲覧できるので、印刷に関わる紙消費量、印刷・輸送にかかるエネルギー消費を抑えられます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

試合速報では、対戦中の投手と打者の顔写真や、「前進守備」、「フェンス直撃」、「監督マウンドへ」など、さまざまな補足情報を表示し、ライブの興奮、感動を伝えます。さらには、チーム、選手のさまざまな成績の分析結果や対戦分析を通して、なぜ勝てるのか、なぜ勝てないのか、さらには相性が良い理由などを明確にできるので、プロ野球に関する多種多様な疑問の解決に役立ちます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

プロ野球ファンは、いつもプロ野球のことが気になります。ひいきチームの試合経過・結果はもちろん、他のチームの試合経過・結果。そして試合の後は最新の順位、個人成績の変化、特定の選手の対戦結果、など。さらには翌日の試合予定まで。このアプリは、それらさまざまな興味にいつでもどこでもお応えすることで、毎日、つねにプロ野球に接していたいというファンの気持ちに応えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

プロ野球の新しい楽しみ方を提案することにより、スポーツ産業のさらなる発展・拡大に貢献することはもちろん、産業界全体への貢献も期待できます。日本では、かねてから「見る」スポーツの王様として支持されてきたプロ野球はビジネスの現場での潤滑剤の役割を果たしてきました。同僚とのコミュニケーションはもちろん、商取引きの現場で話題提供などの機会を広げることで、産業の活性化をサポートします。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など既存媒体の代替として、省エネルギー・省資源化に貢献します。さらに、社会のさまざまな状況におかれた方々に、広くプロ野球の詳細な情報をいち早くお届けできます。海外赴任中の方や、試合中に仕事、残業をされている方、もしかすると避難生活をおくられている方にも。従来の媒体に接することができない方のプロ野球との接点として、社会に広く貢献していきます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

プロ野球にちょっと興味がある初心者からプロ野球が好きで好きでたまらない人、さらには球団関係者や報道関係者といったプロの方々まで。このアプリは、さまざまなレベルのご要望にお応えできる懐の深いコンテンツです。よって、誰にも使いやすいシンプルなデザインを心がけました。このアプリが、プロ野球の楽しさをさらに広げ、深めていくために少しでも役立てるなら非常にうれしいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

アップル App Store
http://itunes.apple.com/jp/app/professional-baseball-data/id394812154?mt=8

審査委員の評価

情報建築家として名高いR.S.ワーマン氏は「情報デザインのゴールはユーザーの内に力を与えることである」と語った。プロ野球!Data&Liveは、まさにユーザーに新たな力を与えるソフトウェアである。個人個人にとってスポーツ観戦がまったく新たなエンターテインメントとなる可能性を感じさせる。数年後にデータが蓄積された時には、さらに進化していることだろう。

担当審査委員| 宮崎 光弘   中谷 日出   暦本 純一  

ページトップへ