GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
映像 [あおもり映像コンテンツ・プロモーション]
事業主体名
青森県
分類
ウェブサイトのデザイン
受賞企業
青森県 (青森県)
受賞番号
11G13015
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

青森県内の「美しい風景」「多くの人に訪れて欲しい観光地、祭り」「美味しい料理や食材」「後世に伝えたい文化」「世界に誇れる技術」などを青森県職員が自ら撮影、県が著作権をもつ映像として蓄積し、誰もが使える青森県の映像素材としてインターネット(YouTube)で公開する。映像素材は、県庁ホームページより即座にダウンロードでき、誰でも無料で使える手軽な映像素材としてPRする。団体・個人に関わらずたくさんの人に、広く様々な場面で活用してもらうことで、映像という現在最もニーズの高いPRツールによる「青森」の露出を増やし、「青森」全体の訴求効果を高め、青森県内の地域活性、各種産業の振興等を図る。

プロデューサー

青森県企画政策部広報広聴課 山本 章 , 千代谷 里香 , 唐牛 雅範

ディレクター

青森県企画政策部広報広聴課 山本 章 , 千代谷 里香 , 唐牛 雅範

デザイナー

青森県企画政策部広報広聴課 山本 章 , 千代谷 里香 , 唐牛 雅範

青森県広報広聴課職員3名

詳細情報

http://www.youtube.com/AomoriPrefAMCP

利用開始
2010年9月10日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

YouTubeにて公開

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

映像の公開方法については、オリジナルのウェブサービスとしてシステム構築する方法もあったが、利用者のコンピューター環境になるべく依存しない、映像系ウェブサービスのデファクトスタンダードであるYouTube上で公開した。また、低廉なコストで、かつ利用者も無料で利用できる環境を活用することにより、長期的に持続可能なサービスとなるよう設計した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

本プロジェクトの映像は、魅せるための作りこみをしていない所謂「素材」であり、そのコンテンツを普遍的に表現する映像として提供している。また、様々な角度から捉えた多くの映像を自己選択的に見ていくことで、1つのコンテンツについての理解や評価に発信者の色が入りにくく、見た人それぞれでの印象や評価を得ることができ、利用者の創造性を妨げることをしない。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

映像は年齢・性別・国籍などを問わず情報を伝えるツールとして有効である。本プロジェクトにより、国内外の旅行者などがあらかじめ訪問先の映像を見ることで、具体的な旅行プランを立て、現地でより深く理解する、といった新しい旅の形を提供できる。また、自由に利用できる映像を提供することで、個人でも高解像度の映像作品を手軽に制作できるようになり、敷居が高いと思われている映像創作活動の普及に繋げることができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

コストをあまり意識せず、手軽に使える映像素材を提供することで、青森に関係したサービス・モノを扱うところにとっては、手軽に効果的なPRツールとして活用することができる。また、青森の映像素材が広く使われることで、結果として青森の露出が増え、青森全体の知名度・イメージアップがなされれば、青森県内の産業全体にプラスの効果を与えられる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

青森の様々な姿をデジタルデータでアーカイブすることに繋がることから、環境や自然、民俗や文化といった観点から、これらの映像をあらゆる人がいつでも永続的に閲覧、参考にすることができる。また、映像素材を使った映像作品を募集しYouTubeで公開することで、一方的に映像を見せるだけでなく、「映像素材提供者」「映像作品制作者」「映像作品視聴者」という関係が発生し、相互のコミュニケーションを誘発している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

映像を提供する・利用するという行為はそれぞれ単独で行われるものですが、この企画は映像素材とそれを用いた作品が世の中で往復し、お互いに影響を及ぼしあうというある種のコミュニケーション的な要素が潜んでいます。利用者の創造性を刺激する青森映像と作品から生まれる青森の新しいイメージ。これらは次々と現れ、様々な形で広がっていきます。映像で広く社会とコミュニケートする一つの方法として提示できればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

あおもり映像素材ライブラリー
http://www.youtube.com/AomoriPrefAMCP

審査委員の評価

青森県庁職員が全ての動画素材を撮り、膨大な映像データをアーカイブとして展開し、うまく県内外の人々とのコミュニケーションにつなげている点をグッドデザインとして高く評価する。

担当審査委員| 宮崎 光弘   中谷 日出   暦本 純一  

ページトップへ