GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
パウダールーム&デイリー・エステ [CLUXTA(Echika池袋店・キャナルシティ博多)]
事業主体名
パナソニック電工株式会社
分類
パブリックコミュニケーションのデザイン
受賞企業
パナソニック電工株式会社 (大阪府)
受賞番号
11G12027
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「商品を試して、納得してから購入したい」というお客様の声から生まれたレディースビューティーラウンジ【クリュスタ】。パナソニックの最新美容器具を家で使うような環境でゆっくり試すことができ、パウダールムとしての使用も可能。提供サービスは、「セルフエステ(人気の美容機器を使い、美肌作りをする)」と「ヘア器具・メイクアップ用品貸し出し」の2つ。専門スタッフが各機器の使い方などをサポートする。

プロデューサー

パナソニック電工(株) 電器新事業開発センター 田坂勲

ディレクター

パナソニック電工(株) 電器新事業開発センター 岡田浩一

デザイナー

パナソニック電工(株) 電器新事業開発センター 岡澤貴子 ビューティー・ライフ事業部 清藤美里、山田香織、小泉達也

詳細情報

http://cluxta.jp/main/

利用開始
2009年3月1日
価格

300 ~ 1,800円 (施設利用(ヘア器具などの使用)料300円。美容器具をを使ったデイリー・エステがプラス200円?1500円)

販売地域

日本国内向け

設置場所

池袋(キャナルシティ博多にも2011/3.19オープン)

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

「商品を買って使ってみる→期待していたものとは違う→使わなくなりいつのまにか押入れ→ゴミ」という、地球環境に優しくない購買行動を少しでも減らすべく、パナソニックの美容器具については、「まずはクリュスタで商品お試し→効果感に納得→購入→最後まで使用」という新しい購買習慣を啓蒙している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

・商品の正しく効果的な使い方説明ツールの充実、「安全」を第一優先にサービスを行なうというスタッフ教育の徹底により、お客様が安心して商品を使えるよう最大限に配慮すること ・専門的な知識を持ったスタッフを常駐させ、お客様の商品や、肌などに関する疑問や悩みに対して、即座に対応すること

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

・セルフヘアアレンジや、デイリーエステなど「美しくなれること」がプチプライスできるお手軽さ、お得感。・美容器具を購入前に、本来の使用状態で試せる場がなかったことに対して、「家で使うような環境」で商品を体感してもらえる機会を提供。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

CLUXTAは、お客様と直接コミュニケーションできる機会を持つことを目的に、我々メーカー自身による運営であることが特徴。お客様から直接いただく生の声を、次の新しい商品企画に反映させ、その結果お客様に喜んでいただける商品を世の中に提供していくことができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

・女性が外出先で気持ち良く、落ち着いてメイク直しが出来る場が少ないことに対し「トイレとは別の専用空間」「清潔」「半個室ブースでゆったり」などにこだわり、気持ち良くメイク・ヘア直しをしてもらえる場を提供。・女性が、美しくなることで気持ちが前向きになり、いきいきした女性を社会に増やしていく後押しができる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

来店女性に「優雅な空間で水晶のようにキラキラと輝く女性に変身していただく」ということが、CLUXTAの名前にこめたメッセージ。(CLUXTAは水晶「CRYSTAL」+優雅「LUXE」の造語) 今後はグローバル展開も視野にいれ、より多くの方に満足いただけるサービス提供、空間作りに努めていきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Echika池袋 エスパス・ポーズ内 もしくは キャナルシティ博多 センターウォーク北側1階
http://www.tokyometro.jp/echika/ikebukuro/

審査委員の評価

メーカーの最新美容器具を自宅で使うような感覚でゆっくり試す事の出来る女性専用のラウンジである。顧客の感じる「必要」を分母に明解に具現化していること、加えて今後このスタイルが一般化する可能性を含んでいる事を考慮すると、本対象は取り組みとして高く評価できるものである。

担当審査委員| 永井 一史   左合 ひとみ   タナカノリユキ   松下 計  

ページトップへ