GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
兵神装備滋賀工場のルーム化第1期工事 [小型ポンプ組立・運転ルーム]
事業主体名
兵神装備㈱作業環境改善プロジェクト
分類
商業・産業用途の建築物・空間
受賞企業
兵神装備株式会社 (兵庫県)
受賞番号
11G11021
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

工場内従事者の作業環境改善のため、滋賀工場建家内に設置した作業ルームです。作業者を「暑い」「寒い」から解放し、明るく快適な職場環境を提供する目的で企画されました。実施にあたり、環境負荷低減のため電力消費を少なくできる「地下水を用いた空調システム」を実現しています。これは地下水が年間を通して15℃前後で安定している点に着目し、これをポンプで汲み上げ移送しルーム内のファンコイルによって熱交換を行います。夏期は十分な冷房・除湿効果が得られ、エアコン冷房に比べて約50%の省エネを達成。冬期でもタイマーによる夜間運転によって、寒冷地にもかかわらず室温10℃以上に保つことが出来ます。

プロデューサー

兵神装備株式会社 作業環境改善プロジェクト ルーム化チーム 山下 剛、安部 誠、堤 孝士、須原伸久、林 英治、泉 久寿、高瀬篤夫

ディレクター

兵神装備株式会社 ブランドマネージャー 高瀬篤夫

デザイナー

兵神装備株式会社 ブランドマネージャー 高瀬篤夫

高瀬篤夫

利用開始
2010年1月5日
販売地域

日本国内向け

設置場所

兵神装備株式会社滋賀工場製品組立工場内

問い合せ先

兵神装備株式会社 ブランドマネージャー 高瀬篤夫
Email: Atsuo_Takase@mohno-pump.co.jp
URL: http://www.heishin.jp

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

環境負荷低減に取り組んでいます。大電力消費から脱却しするため、この施設では自然界(地下水)が持つ熱エネルギーを利用してファンコイルによる熱交換方式の空調に取り組みました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

工場内労働者の、夏暑く 冬寒い厳しい労働環境から解放するためにコスト負担や環境負荷の少ない「地下水による空調」を実現したこと。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

職場は人生の中で最も長い時間活動する場所。快適で明るい気持ちで仕事が出来るような、出来れば自分の職場に誇りを持てるような場を提供したいと考えました。そのため、明るく清潔で解放感のある建家構造とデザインを採用し、それらが醸し出す全体的雰囲気によって満足感を覚え、仕事に対するモチベーションが高まるようなスペースの提供を意図しました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

一般的に製造業の作業環境は良好とは言えず働く人が集まりにくくなっています。「こんなところで働きたい」と思ってもらえるような環境を作り、優秀な人材を確保し産業をもり立てていく必要があります。今回の応募対象は作業者に大変好評で、続いて2次、3次のルーム化の計画が進行中です。これからも快適で明るい魅力ある工場づくりを追求していきたいと思います。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

電力や化石燃料への依存を大きく軽減した「地下水による空調」は、環境負荷を減らし持続可能な社会づくりへの一つの試みと思います。また明るくさわやかな職場デザインを指向しており、今後とも、とりわけ工場での様々な環境改善開発に取り組んでいきたいと思います。また工場レイアウト変更に対応するよう移設容易な建家構造としています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

オフィスに比べて工場での作業環境は悪くて当然と考えてしまいがちですが、このことは製造業が衰退していく一因となっていると思います。そのためデザインや技術を駆使して快適で誇りが持てるような職場を作ることは経営者やデザイナー、技術者の高潔な使命と考えます。そのような気持ちで今回の応募対象にメンバー全員で取り組みました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

滋賀県長浜市高月町東物部1020 兵神装備滋賀工場

審査委員の評価

システム化された工場では、広さに対し働く人間は少数である。そこで人が働くスペースのみ快適な環境を創るという発想のもと考案された、工場内組み立てラインである。ともすれば無機的になりがちな製造ラインに快適さと楽しさを与え、就業環境の改善も果たしている。デザインのさらなるレベルアップを期待する。

担当審査委員| 北山 恒   乾 久美子   南雲 勝志   廣村 正彰  

ページトップへ