GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
SIA豊洲プライムスクエア [SIA豊洲プライムスクエア]
事業主体名
株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ
分類
商業・産業用途の建築物・空間
受賞企業
清水建設株式会社 (東京都)
株式会社フィールドフォー・デザインオフィス (東京都)
受賞番号
11G11001
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

都心に程近く、業務系、住宅系双方の大型開発が進み、職住近接の街がうまれつつある豊洲地区。その豊洲中心地区に建つオフィス+店舗の複合施設の計画である。60mキューブというミニマルな形状はそれぞれの面が対峙する環境に呼応したデザインとし、エントランス壁面のテラコッタは、一つのかたちの部材が様々な環境との関係の中で多様な風景を生んでいる。「ひとつのかたちとひとつのしくみでさまざまな表情」が生み出されている。

プロデューサー

株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ

ディレクター

清水建設株式会社 設計本部 牧住敏幸

デザイナー

株式会社フィールドフォー・デザインオフィス 代田哲也

MAKIZUMI+SHIROTA

竣工
2010年8月31日
設置場所

東京都江東区豊洲5-6-36

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

すべて従来のミニマルな要素の組合せでつくられた建物である。できるだけ要素を減らし、材料の種類を抑え、視覚照度設計により面を照らし抑揚のある照明計画とすることでエネルギーを最小限としている。そしてそれらのミニマムな要素を丁寧に組合せ、つなぎ合わせることによって豊かさを生み出し、サステナブルな環境を実現している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

エントランスのテラコッタルーバーは、すべて同一の押出型を利用しながらも、形状を不等辺三角形とし、芯材を中心に一つ一つを回転・反転させることによって変化を生み出している。人の視線の位置や動き、照明のパターン、自然光の色や角度などによって壁面にはさまざまな表情が生まれる。大壁面の放つ光はテラコッタという素材によってやさしい光に変換され、これまでにない街の灯りとして人々の目に映り込む。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

商業施設では、照明が天井から壁へと連続した非日常を演出するデザインとし、エントランスのテラコッタ大壁面は、昼は外部の光や緑を取り込み、夜は壁面全体が光輝き周辺を照らし、日々や季節の自然とともに様々な表情を見せる。大規模な職住開発が進む豊洲というまちのなかで、働く人のみならず暮らす人とまちと自然をやわらかくつなぐ施設となっている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

同一形状のテラコッタ部材に、変化を与える構造的・施工合理的な仕組みにより、高さ9m全幅50mの大壁面に多様な表情を与え、意匠性と省コストを両立させている。インテリアにエクステリアスケールの素材と、吊りやテンションといった特殊な構造を持たせることで、繊細かつダイナミックな空間をつくる素材の可能性を生んでいる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

地域への配慮のかたちは、建物の外壁4面がそれぞれ異なるファサードに表れている。近隣の住宅には開口部をなくし、南側は窓を細くして環境負荷を低減している。均一や対象といった呪縛から解放されたキューブというコンセプトは、それぞれの面が対峙する環境に呼応することで、エネルギー的にも周辺環境にも配慮したかたちとなっている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

この建物は従来の要素の組合せのなか、できるだけ少なくシンプルな要素によって、より豊かな空間や表現を生み出すことを狙っている。 “LESS MAKES MORE”というこのコンセプトは、単独の建物では達成できず、自然の変化や周辺の環境変数を、積極的に建物の仕組みに組み込むことから始まっている。ひとつのかたちとひとつのしくみは、デザインではなく、我々が豊かさを発見するためのデザインの仕組みでもある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都江東区豊洲5-6-36

審査委員の評価

エントランス壁面のテラコッタはぬくもりのある素材感と、豊かな照明の効果が評価された。断面が不等辺三角形の部材を長短組み合わせて構成したテラコッタの壁面は、空調の負担を減らす仕組みにもなっており、表情の変化も多彩で良い。

担当審査委員| 北山 恒   乾 久美子   南雲 勝志   廣村 正彰  

ページトップへ