GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
エレベーター [三菱標準形エレベーター「AXIEZ(アクシーズ)」]
事業主体名
三菱電機株式会社
分類
公共用途の機器・設備
受賞企業
三菱電機株式会社 (東京都)
受賞番号
11G10007
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

AXIEZは、マンションやオフィス、病院など様々な場所に設置される標準形エレベーターです。2005年発売以来、ユニバーサルデザインによる快適な移動空間を提供してきました。2011年にモデルチェンジした新型AXIEZは、省エネ機能の充実、移動性能の大幅向上、建築に調和したデザインを特長としています。LED照明や待機電力削減により、オフィス用で最大36%の省エネを実現。乗車率に応じて運行速度をアップする独自技術「スーパー可変速システム」により待ち時間を最大22%改善します。操作表示器具組込み三方枠やステンレスボタンの採用により現代建築に求められる機能美と質感を追求しました。

プロデューサー

三菱電機株式会社 稲沢製作所 開発部 部長 林 美克

ディレクター

三菱電機株式会社 デザイン研究所 情報システムデザイン部 グループマネージャー 樋口 直人

デザイナー

三菱電機株式会社 デザイン研究所 情報システムデザイン部 岩本 秀人、中平 尚志、齊川 義則、小倉 利文、同インターフェースデザイン部 山崎 聡、深野さゆり

詳細情報

http://www.mitsubishielectric.co.jp/business/building/elevator/index.html

発売
2011年6月8日
価格

1,900万円程度 (参考見積価格:住宅用9人乗り、定格速度分速105m、停止箇所10ヶ所の場合)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

天井照明、ホールランタン及び液晶インジケーターのバックライトに、業界で初めて、省エネで長寿命のLED光源を全面採用しました。天井照明の場合、従来のランプ光源と比較して約50%の消費電力削減が見込めます。また、小型化した回生コンバーター(オプション)を開発し、巻上機が発電する電力を建物内の照明や他機器の電源として有効利用できます。LED照明など他の省エネ機能と併せて、最大36%の省エネが図れます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

車いすやベビーカー利用者が使いやすい側面壁取付かご操作盤を基本仕様で提供しています。側面壁操作盤の全てのボタンは、子供でも楽に手が届くよう、床から900mmから1200mmまでの高さに配置しています。国内では当社のみが、追加の副操作盤や車いす操作盤ではない、側面壁取付式の主操作盤を基本仕様とし、車いす専用エレベーターの設置義務のない建物でも、側面壁取付操作盤を導入しやすくしています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

数字が立体的になった従来の凸文字ボタンは、可読性を重視した為、押す時に指先に痛みを感じることがありました。そこで、ユーザー評価に基づいて凸文字の断面形状を改良し、可読性と快適性を両立した新しい凸文字を開発しました。また、緊急時に外部と通話ができるインターホンボタンに、公共交通機関で普及しているSOSマークを採用しました。利用者に非常時の機能を確実に伝えることで安心感を与えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

エレベーター乗場のドア周囲の枠にホールランタンや階床表示インジケーター、ボタンを内蔵した操作表示器具一体三方枠を新たに開発しました。建築インテリア側の壁には、ドアと操作表示器具に対してそれぞれ開口部が必要ですが、枠に表示器とボタンを一体化することで開口部が1つで済みます。また、開口部の端面を覆う構造を採用することで、建築施工時に開口部の端面の仕上をする必要がなく、施工コストの削減が可能です。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

当社独自の側面壁取付けかご操作盤のボタン配置は欧州の規格に準拠しています。欧州規格はユニバーサルデザインを実現するための寸法制約が詳細に明示されており、それらを取り入れることで外国人も含めた国内の様々な利用者にとって使いやすい操作盤を実現しました。また、省エネ機能の回生コンバーター駆動時は、液晶インジケータにサインを表示して省エネを見える化し、利用者に環境配慮運転の実感を与えます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

当社はユニバーサルデザインを他社に先駆けて取り入れてきました。ユニバーサルデザインは、障がい者や高齢者、子供まで、より多くの利用者が使えることを追求すると、ともすれば各利用者に少しずつ我慢を強いたり、建築デザインと調和しなくなることがあります。新型AXIEZのデザインは、ユニバーサルデザインのさらなる深化として、シンプルでノイズレスな外観や素材感の追求など、建築デザインとの調和に取り組みました。

審査委員の評価

LED照明や待機電力削減により省エネ機能を充実し、乗車率に応じて運行速度をアップする独自技術「スーパー可変速システム」により待ち時間を改善している。また、追加の副操作盤や車いす操作盤ではない、側面壁取付式の主操作盤を基本仕様とし、基本的なユニバーサルデザインを達成し、全体として調和のとれたクリーンなデザインに仕上がっている。

担当審査委員| 日高 一樹   五十嵐 久枝   森田 昌嗣   和田 達也  

ページトップへ