GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
モノクロ複合機 [コニカミノルタ bizhub 42/36]
事業主体名
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
分類
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備
受賞企業
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 (東京都)
受賞番号
11G09070
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ジョブの効率化、コストの削減など、オフィスワークに求められる様々なニーズに応え、オフィス機器の理想形を追求したモノクロA4複合機です。コンパクト性、オフィスの快適性(静音性、最初のコピー用紙が出てくるまでの時間の速さ)、高画質性と設置環境を選らばないスタイリッシュなデザインを備え、ワークグループでの共有に十分な、モノクロ毎分36/42枚の生産性を提供するモノクロレーザー複合機です。チルトタイプのカラータッチ液晶パネル採用で、操作性/視認性を追求しました。また、材料の一部に植物由来成分を含むバイオマスプラスチックを採用し、環境配慮に貢献します。

プロデューサー

コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 オフィス商品企画部 森上祐介/第2オフィス製品開発部 中西 正浩/第1オフィスHW開発部 武井一

ディレクター

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 財部裕氏、磯貝嘉孝

デザイナー

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 デザインセンター 長野雅一、寺坂崇、瀧村量、林貴子

デザインメンバー

詳細情報

http://konicaminolta.jp/business/products/

発売予定
2011年11月15日
価格

2,700 ~ 3,165$

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

既存機種との共通部品が多い中、一部の部品にバイオマスプラスチックの使用したことや、使用時の省エネルギー化に対しては運用時の消費電力低減と共に、材料に植物由来成分を含む重合法トナーで低温定着することによる低消費電力・環境配慮を目指しました。また分かり易いユーザーインターフェースを開発することによる作業の効率化、ミスプリント削減への配慮しました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

オフィスで働く様々な身体的、心理的特徴を持つユーザーに対し、対応レベルを徐々に向上させていっている。またアクセシビリティの向上のみならず、各々のスキルや好みに応じた操作が可能な機能を搭載。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

オフィスの快適性の面では、設置スペースや騒音の低減を図ると共に、非使用時の佇まいのあり方をデザインに盛込んだ。A3機譲りの基本性能と拡張性を持ち、且つコンパクトな設計によりオフィスの設置面積への影響が少なくレイアウトの自由度を高めている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

操作部においてカラーUIとTopにメニュー機能一覧を採用し分かり易い操作フローによるオフィスでの業務効率の向上。またデジタル複合機産業においてのA4複合機という新たなジャンルの誕生をユニークな商品形態にて構成し、基本機能を保持し且つコンパクト性、高機能、高操作性を両立。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユニバーサルデザインの観点から、オフィスで働くより多くの人にとって使いやすい製品であること。「知的生産性の向上」を目指す今日のオフィス環境に対し、より快適な空間の構築を可能とする機器であること。また、地球環境に負荷の少ない、省エネルギーな運用が可能なこと。

ユーザー・社会に伝えたいこと

A4複合機としてコンパクト設計による設置面積での優位性、ただ小さいだけではなくオフィスに適合する佇まい、そしてA3複合機譲りの基本性能と、オプション装着による拡張性、作業環境を害しない静音性をぜひ体感して欲しい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 ショールーム/東京都中央区日本橋本町1丁目5番4号

審査委員の評価

近年、フォルム重視になりつつあったこの分野の流れを一新し、ワークニーズを研究し、シンプルなデザインで操作性や視認性を重視したデザインである。同社のカラーとして定着したホワイトとブラックのカラーリングや全体形状にも安定感がある。バイオマスプラスチックを採用するなど、環境に対する取り組みも明確に感じられる。

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ