GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
タイルカーペット [エコス タイルカーペット シリーズ]
事業主体名
株式会社スミノエ
分類
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備
受賞企業
株式会社スミノエ (大阪府)
受賞番号
11G09049
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ECOS(エコス)は、「資源を未来へ」をテーマに、市場から回収した使用済タイルカーペットのみを再生材として使用した、新しい循環型のリサイクルタイルカーペットシリーズです。特徴として①世界トップクラスの再生材比率を達成(最大77%)、②再生材の原料を限定し、安全性を確保(材料由来を明確化し輸入品などは使用せず)、③従来品と比較して、CO2排出量を大幅削減(最大43%、LCA評価はみずほ情報総研に依頼)、④通常品と変わらぬ経済性の実現(自社の生産設備を一新)。年内に全てのタイルを「ECOS」に切り替え「低炭素社会」、「循環型社会」の実現に向け次代のスタンダードとすべく挑戦していきます。

デザイナー

株式会社スミノエ MD部デザイン部 國生 克彦

詳細情報

http://suminoe.jp/interior

発売
2011年7月15日
価格

8,600 ~ 15,800円/㎡

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

ECOSのSは①ECO STAGE→ECOタイルを新たなステージへ、②ECO SUSTAINABLE→持続可能な循環型社会へ、③ECO STANDARD→ECOタイルを業界標準へ、の三つのSを意味します。その名前に中に「持続可能な」という言葉を含むECOSは、まさに廃棄物の循環による有効利用を環境負荷の少ない適正な方法で普及させていくことをテーマにした商品です。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

特に使用済ペットボトルから製造された「スミトロン」(ポリエステルフィラメント)を用いたECOS SGシリーズは最大43%のCO2削減率(弊社従来品比)で温室効果ガスの削減率としては過去に類を見ない高レベルなものです。(LCA評価はみずほ情報総研に依頼。)ECOSは最も身近なテーマである地球温暖化防止に直接的に貢献します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

オフィスワーカーにとり、オフィスの滞在時間は長く、その環境は非常に重用視されており、家庭に劣らぬホスピタリティが要求されています。ECOSは裏材のECO性のみならず、表面のデザイン性に関しても、オフィスのあらゆる用途空間(一般執務室、廊下、EV回り、ショールーム、役員室、会議室)に対応し、創造性を刺激する環境とともにやすらぎ・憩いも提供できるフロアデザインが可能です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

諸々の産業において、廃棄物処理が問題となっています。廃棄物が増大する中、処理施設は減少し、「全国」の最終処分場の「残存容量」17639万?、「残余年数」10.6年、(同じく「首都圏」で2028万?、4.7年、「近畿圏」1750万?、7.3年 ※平成21年4月1日現在)という数字もあります。ECOSは、「製品回収」から「製品」までを繰り返すまさに循環型産業を背景にした商品です。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「低炭素社会」、「循環型社会」に向け、廃棄物の循環による有効利用を環境負荷の少ない方法で普及させていかねばなりません。ECOSは再生材比率を極限まで高めることと、従来品に対するCO2排出量を大幅に削減することで「廃棄物の削減・資源の循環」を「環境負荷の少ない方法」で普及させていくことを、安全性と品質を確保しつつ実現することで「社会・環境」に貢献いたします。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ECOSは日本で初めてタイルカーペットを製造・販売したスミノエが次代のスタンダードとして世に問うものです。①世界トップクラスの再生材比率、CO2削減率、②素材を限定した安全性、などはもちろんですが、今国内で設備投資することにより、バージン製品と変わらぬ市場価格を実現させたこと、また年内に全てのタイルカーペットをECOSに切り替えるというメーカーとしてのチャレンジ精神を最も伝えたいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

広く全国の有名工事店、工務店にて購入できます。またのスミノエ・ショールーム(SIP= SUMINOE INTERIOR PLAZA)にてご覧になれます。SIPは札幌、東京、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡にございます。
http://suminoe.jp/interior

審査委員の評価

とかく日本の建材はリサイクルという考え方が遅れがちと言われている中で、このECOS(エコス)は単純な一つの商品開発という次元ではなく、タイルカーペットの製造プロセスや原料開発にまで踏み込むことによって、再生材比率最大77%の達成や、CO2排出量を大幅に削減することを可能とした。また、企業として生産設備を一新するなど未来に対する企業理念が明快に表現されたプロジェクトと言える。

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ