GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
カッターナイフ [オルファカッター DA-1/DL-1]
事業主体名
オルファ株式会社
分類
オフィス・店舗・展示に関する用品と機器設備
受賞企業
オルファ株式会社 (大阪府)
受賞番号
11G09046
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

カッターナイフは切れ味が悪くなったら刃先を折って切れ味をよみがえらせることが特徴ですが、折った刃の処理が問題でした。この商品は刃折器を一体化したカッターナイフですので、いつでも手軽で安全に刃を折ることができます。また、折った刃はそのまま2枚分を刃折器に収納できるので、まとめて処理 をすることができます。手軽に刃を折ることができるようになったことで、常に良い切れ味で作業することができるようになりました。事務や軽作業に適した小型カッターの「DA-1」と、ダンボールのカットなど強い力をかける作業に適した大型カッターの「DL-1」があります。

プロデューサー

オルファ株式会社 商品開発部

ディレクター

オルファ株式会社 商品開発部

デザイナー

オルファ株式会社 商品開発部

詳細情報

http://www.olfa.co.jp/ja/body/detail/171.html

発売日(DA-1は2011年2月21日発売、DL-1は2010年11月22日発売)
2010年11月22日
価格

オープンプライス

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

壊れにくくすることで、資源を永く使い続けることができる。また、刃を少しずつ折って使うことは資源を無駄にしないことになる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

常に新しい刃が使えるので、無理な力をかけることがなくなりケガの防止につながる。また、折った刃が出てこないように刃折器部分にフタをつけたことも安全につながる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

刃折器やペンチを用意する必要がなく、折った刃をまとめて処理することができるので、折るときや折った刃の廃棄の手間を少なくできる。また、DA-1は左右両用なので、左利きの方にも使いやすい。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

使いやすいカッターナイフの登場で作業性が向上し、倉庫などの流通活動がスムーズになる。また、このカッターナイフは折った刃が散乱することを防止することができる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「切れ味が悪くなったら刃を折ることで切れ味がもどる」というカッターナイフの基本的な使い方を広く知ってもらうことで、切創に関する作業をより効率よく行うことができる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

こまめに刃を折っていつも良い切れ味で使うことを実感し、カッターナイフの良さをもっと知っていただきたい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のホームセンター、文房具店

審査委員の評価

カッターナイフの生命線は、摩耗した刃の先端を折って、何時もシャープな切れ味を確保することだが、折った刃の後始末や折ること自体を躊躇し、女性などカッターナイフ本来の使い心地を味わうことが無いユーザーが多いのも事実である。当該商品は刃を安全・確実に折る機能と、折った刃の収納をカッター本体と一体化した便利な商品である。社名の由来にあるように、切れ味を提供する為に”刃を折る”行為を浸透させる使命感の追求を、デザインで表したことに高い評価をしたい。

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ