GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Wi-Fi無線搭載型車両情報ならびに各種データ収集装置&システム [Wi-Probe lite]
事業主体名
株式会社高崎共同計算センター
分類
生産、加工、流通に関する用品と機器設備
受賞企業
株式会社高崎共同計算センター (群馬県)
受賞番号
11G09036
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

現代もしくは近未来の車両では、安全性・快適性・環境性を考慮に入れた電子制御コントローラが相互に情報交換をおこないながら、その機能を確立しています。これらの制御情報はそれぞれのコントローラ間を結ぶ車載ネットワーク:CANにより遅滞なくおこなわれています。このCANに流れている情報を車両内モニタや遠隔監視することで、様々な車両状況を判断することができます。当装置では、遠隔で車両一台一台の走行状態を把握したり、燃費安全運転ガイドをおこなったりと本来の車両走行実験での適用から一般的ニーズまで適用できるフレキシブル性に重点をおいた装置とそのシステムを提供するものです。

プロデューサー

株式会社高崎共同計算センター マイクロシステム事業部 阪本隆一

ディレクター

株式会社高崎共同計算センター マイクロシステム事業部 大嶋淳也、田村隆史

デザイナー

ウォーボ・デザイン 清水朗

詳細情報

http://www.tkcc.net

発売
2011年4月1日
価格

185,000 ~ 260,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

製品自体が対象とするものは、クルマであり、環境破壊への影響が一番大きい産業です。少しでもクルマが生む環境へのダメージを軽減することが私たちの目指したサステナブルと考えています。もはや人間の感覚だけでは察知することができないクルマの状態や走行データをリアルタイムに簡単にユーザが取り出すことによって、クルマの設計に活かしたり、クルマを取り巻く環境問題の啓蒙に繋がっていければと考えます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人はクルマを運転するときに、様々な情報を自己の判断によって取捨選択しており、客観的視点から常に感覚的なズレが生じています。例え同じ距離を同じ時間で走行したとしても、人によってエネルギーの消費量は違ってきますし、交通に対する安全感覚も変わってきます。そういった感覚のズレを視覚表現することで、運転に対する人の感性を研ぎ澄ますことが可能になると考えています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

クルマの運転は苦手だから走るための自分なりの情報がほしいとか、走った経路を後で確認してその状況をみてみたいなど、クルマ生活での要求は沢山あります。自分の携帯端末等でその要求したい情報をみることができれば、ドライブセイフティにつながる新しいクルマ生活がエンジョイできます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

運輸関連企業にとって、自社の所有する車両の運行管理は、その企業の利益に直結する情報のひとつです。トラック・タクシー・バスなどの運行システムにおいて車両管理や運行状況通知を携帯端末等で利用者へ展開し、適所配車やリアルな交通統制をおこなうことが可能になれば、インフラ・モビリティ社会への新たな産業発展の機会を得ることができるのではないかと考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

この今の時代だからこそ、エコロジーなグリッド社会へのアプローチに積極的に取り組む必要があります。バッテリーのリサイクルビジネスを抜きにしては語れない電気自動車の普及によって、家庭でのバックアップ蓄電源ニーズは拡大しています。これらに必要な各種監視情報は個人が所有する携帯端末等から、簡単に取り出すことができるようになる必要があり、Wi-Fi機能搭載装置により家庭での利便性を広げていくことができます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

空気、水、土または森など自分を包み込んでいる地球の環境は安全であるという神話を信じて疑わなかった人びと(日本人)は、自分もしくは自分たちの見識で、それらの状態を診断し、適格な判断をしていかなくてはならない時代が来てしまったと感じています。この考えは、「計測」と「分析」と「判断」が主体的でなくてはならないという新たな常識を生み出しました。この製品はそんな要求に応えることができると信じています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

㈱高崎共同計算センター並びに計測器関連商社

審査委員の評価

本製品は,車載ネットワークに流れる情報やデータを収集,監視,記録するための計測装置・システムである.遠隔で車両一台一台の走行状態を把握したり,燃費安全運転ガイドをおこなったりと本来の車両走行実験での適用から一般的ニーズまで適用できるフレキシブル性を特徴としており,技術者のみでなく広く一般でも使用できるようにシステム全体をわかり易くデザインしている点を評価した.

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ