GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Industrial Fan Heater Handy Type [HOT GUN (HEP-3900)]
事業主体名
HANIL Electric MMC Co.,Ltd
分類
生産、加工、流通に関する用品と機器設備
受賞企業
HANIL Electric MMC Co.,Ltd. (South Korea)
受賞番号
11G09016
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

To take a break from heavy and bigger existing industry heater. We focus on handy for movement and user experience design and consider the industry places and outdoors wherever heat needs. Its not only using industrial place but also a general heating. Ordinary industry heater is moslty using fossil fuel that we have to reduce in future. Using less elecric instead of fossil fuel for reduce use of fossil fuel.

プロデューサー

Hwang Jeong Haeng

ディレクター

Hwang Jeong Haeng

デザイナー

Hwang Jeong Haeng

Hwang Jeong haeng

詳細情報

http://www.hanilelec.co.kr/products/hot/hot14.asp

発売
2010年11月10日
価格

13,500Yen

販売地域

国外市場向け

設置場所

South Korea

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

The HOT GUN is provid with triple safty device. It's cheap, multipurpose, safe, easy to carry and less electric consumption.

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

HOT GUN is much smaller and lighter than ordinary one. It can be moved easily in your workplaces, as well as controling the angle makes workers warmer.

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

People can use HOT GUN to make them warm in winter. There are no more worries about danger, movement in any place. Just carry it then use. fishing, camping, event hall, outdoor sports or somewhere waiting place.

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

HOT GUN is made of plastic which is easy to be mass-produced and long-lasting.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

Using electric instead of fossil fuel reduces the emission of CO2

ユーザー・社会に伝えたいこと

it is accepted that there is no need to make an industrial product designed better and convenient for users. I hope that many companies release better items and more useful products in industry.

審査委員の評価

様々な現場で使用する工業用ヒーターである。従来の産業機器然とした製品に比較して、ワクワクするデザインがうれしい。円筒形の力強い形状の端末を、品質感の高いカバーで引き締め、まさにgunのように狙った所にをめがけ、抱きかかえ作業する作法を、見た目で訴求する大型ハンドルなどが、機器の性格を上手に表現している。本体色彩も深いメタリックレッドで品質の高さを表現している。HOT GUNのロゴも控えめながら、要所を抑えるバランスのいいグラフィックとして生きている。

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ