GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
航空機座席 [JAL国際線エグゼクティブクラス JAL スカイリクライナー]
事業主体名
日本航空株式会社
分類
運輸・産業・土木建築関連車両・船舶、関連機器
受賞企業
日本航空株式会社 (東京都)
受賞番号
11G08047
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

優しく包み込まれるイメージのラウンドシェイプシートバック、薄く軽やかに見せるダブルレイヤードスタイル。ゆったりとした鳥の翼状のシートバックで優しくつつみこまれる、まるでプライベートソファに腰掛けたくつろぎ感を実現。・大型のセンターデバイダーによる着席空間のプライバシーと開放感の両立。・前席下の空間を広く、シートポケットを大容量にして収納を充実。テーブル(折りたたみ時)およびシートバックに小物入れを設置。・ムーバブルアームレスト(車椅子対応)の採用。ユニバーサルデザインの考えを踏まえた、使い易さを向上させた大型ボタンのシートコントローラー

プロデューサー

日本航空株式会社 マーケティング本部 企画推進部 部長 黒田 浩、宣伝部 部長 宍倉 幸雄

ディレクター

株式会社GKインダストリアルデザイン 阿久津雄一

デザイナー

株式会社GKインダストリアルデザイン プロジェクト開発担当 阿久津雄一 企画開発部 松本学 第二デザイン部 田辺めぐみ

詳細情報

http://www.jal.co.jp/inflight/inter/executive/c_seat/index3.html

発売
2010年10月20日
価格

166,000円 (参考運賃、変動あり)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

日本航空 国際線航空機

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

航空機は大量の燃料を使用する。低燃費航空機の流れは時代の必然でもある。機体開発において軽量化は前提条件であり、機体のデザインや産業構造すら変えつつある。当然機内に搭載されるシートも然りで、比重の高い金属はもちろんありとあらゆる物が対象となる。たとえば当シート開発においてもシートファブリックは肌触りや風合い感を維持しながらもグラム単位での軽量化を実現している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

シート全体を軽快な印象にすべく、シートバックをダブルレイヤードスタイル(クッションとシェルの2層化)とし、ソフトマテリアルのラウンドシェイプのシェルと相まり、広げた鳥の翼に優しく包み込まれるようなイメージとした。また、各席を仕切る大型のセンターデバイダーにはミラーの視覚的効果を利用し、プライバシー感の確保と狭隘(あい)感の軽減とを両立した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

エグゼクティブクラスでは、「仕事に集中できる執務空間」や「誰にも邪魔されずにくつろげるプライバシー空間」といった、多種多様な使われ方を想定する必要がある。当シートはフライトの大半の時間を過ごす『着座姿勢』における最高品質のくつろぎ空間を提供している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

特に該当なし。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユニバーサルデザインの観点からのムーバブル(可倒式)アームレストの導入。車椅子のお客さまの移乗を容易にし、幅広いお客様に旅の楽しみとくつろぎを提供している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

JALでしか味わえない価値がある。JALにしか表現できない世界がある。それは誰もが共感できる日本らしさ。凛としたたたずまいの中にも、ひかえめでさりげないおもてなしの心。日本の伝統の中に息づく、新しいやすらぎのかたち。JAL国際線エグゼクティブクラス、JALスカイリクライナーでアジアの旅を楽しんでもらえればと思う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本航空 国際線 エグゼクティブクラス
http://www.jal.co.jp/inflight/inter/executive/c_seat/index3.html

審査委員の評価

中距離路線用の機内空間に必要な快適な機能が、細部まできめ細かくまとめ上げられている。特に、大容量のシートポケット、シートバックの小物入れ、暗い室内においても使いやすく工夫された大型ボタンのコントローラー等は高い支持の対象となった。車椅子対応のムーバブルアームレストや、肌触りと座り心地の良いユニバーサルデザインのシートも好評であった。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   原 研哉   福田 哲夫  

ページトップへ