GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
乗用車 (ハイブリッド車) [トヨタ プリウスα(アルファ)]
事業主体名
トヨタ自動車株式会社
分類
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品
受賞企業
トヨタ自動車株式会社 (愛知県)
受賞番号
11G08042
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

プリウスαはプリウスの持つ「圧倒的な燃費・環境性能」や「新技術がもたらす先進性」を継承しつつ、様々なシーンで活躍できるゆとりの室内空間を備えた、新ジャンルのハイブリッド専用モデルです。プリウスのアイデンティティーであるトライアングルシルエットをさらに進化させ、クラストップのCD値0.29、燃費31.0km/L(10・15モード走行)を実現。また多様なライフスタイルに応え、5名乗車の2列シート車と、7名乗車の3列シート車の2タイプを設定。ファミリーユースに求められる機能性も満たすことで、先進性の中にも家族で楽しむことのできる開放感あふれる空間を創出しています。

プロデューサー

トヨタ自動車株式会社

ディレクター

トヨタ自動車株式会社 常務役員 デザイン本部長 福市得雄

デザイナー

トヨタ自動車株式会社 デザイン本部 トヨタデザイン部+トヨタ車体株式会社 デザイン部

詳細情報

http://www2.toyota.co.jp/jp/news/11/05/nt11_0502.html

発売
2011年5月13日
価格

2,350,000 ~ 3,305,000円 (税込み価格。 沖縄・北海道は異なります。)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全トヨタ販売店

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

デザインが地球環境に貢献できることとして、空力特性向上に効果のある造形に取り組んだ。具体的には、燃費性能向上に寄与する優れた空力特性をシンボライズした「トライアングルシルエット」に加え、ホイール周りの整流効果に寄与する「エアロコーナー」、歩行者保護や通気抵抗低減を考慮した低い構えのフロントフェイスなど、プリウスで培った技術をさらに進化させた。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

機能と人への優しさに配慮した操作系レイアウトを提案。具体的には、運転操作に必要なスイッチ類をドライバー側に集約し、シルバー色のパネル上に配置することで、直感的に操作できる使いやすいレイアウトを実現。また新開発「ワンダイヤルエアコンディショナーコントロール」は、使用頻度の高い温度・風量・モード調整機能をひとつのダイヤルに集約することで、運転姿勢を変えることなくエアコン操作を可能としました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

プリウスαはお客様へアクティブで楽しい空間を提供します。 インストルメントパネルは横へ広がりを感じさせつつ、コンソールからメーターへと吹き抜けるダイナミックな立体との組み合わせにより、開放的な空間の中に躍動感と先進感を表現。また運転席と助手席のつながり感を演出するため、敢えてセンタークラスターとコンソールの間に空間を設定。ほかドアトリムを大きな凹面形状にするなど広く見せる工夫を織り込みました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

プリウスαはプリウスの資質である「新技術がもたらす先進性」を継承し、ECOとFUNを両立させる新技術を積極的に採用しています。例えば、トヨタハイブリッド量産車として初めてリチウムイオン電池を搭載。また開放感と車両軽量化を両立させる大型樹脂パノラマルーフを採用するなど、プリウスαの開発を通じた新技術の量産化促進を担っています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

初代プリウスの発売以来、お客様の環境意識の高まりとともにプリウスは進化してまいりました。プリウスが確立した「トライアングルシルエット」はハイブリッド車のエコアイコンとして世界中で親しまれています。ひと目でプリウスとわかるスタイルは、環境性能を車の魅力へと変換し、社会にも影響を与えてきました。そのスタイルを継承し進化させたプリウスαはお客様に新たな価値を提供できるものと確信します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

プリウスαは、プリウスの環境や先進装備に加え、大人7名がゆったりと座れるスペースをあわせ持った、まさに私たち家族が求めていた理想的なクルマです。開発中も「自分が欲しいクルマ」としてアイデアを創出し、その結果、プラスアルファのライフスタイルが楽しめるFUNのある車に仕上がったのではないかと自負しています。燃費の良いプリウスαで家族一緒にロングドライブに行くのを楽しみにしています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全トヨタ販売店
http://toyota.jp/priusalpha/index.html

審査委員の評価

定評のある既存のプリウスと全く同じイメージを持たせながら、3列シートのミニバン的なパッケージを実現させている点を支持したい。フロントエンドはリアエリアのボリュームが増えた部分とバランスをとって力強くバンパーを張り出し、フロントホイールがトレッドアウトした量をフロントフェンダーのテーマを微妙に変えながら巧みにアレンジしている。ヘッドランプも従来のプリウスのイメージを残しながら新しく造形されている点など、プリウスらしさを活かしつつ固有の存在感を与えられている点が見事である。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   原 研哉   福田 哲夫  

ページトップへ