GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自動車用クッション [エクスジェル モニート ツーリング]
事業主体名
株式会社 加地
分類
乗用車、バイク、自転車、モビリティ関連商品
受賞企業
株式会社加地 (島根県)
受賞番号
11G08013
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

運転時の疲労を軽減する自動車用クッションです。医療福祉分野やモータースポーツで、優れた体圧分散性と衝撃吸収力が認められた超柔軟性ゴム「EXGELR」を、負担のかかる坐骨・骨盤・仙骨・腰椎下部に配置しています。また仙骨・腰椎下部のサポートは身体に合わせ位置調整も可能です。運転時の局所的な圧力や振動を分散し、痛み、疲労を軽減します。また深くシートにもたれかかる力により骨盤を左右から包み込むようにホールドする骨盤サポート構造を採用しています。骨盤を支え、腰にかかる負担を軽減すると共に、コーナーリング時の体の揺れを抑えます。ストレスのかかりにくい姿勢を自然と保つことで、快適な運転をサポートします。

プロデューサー

株式会社加地 代表取締役 小川 要

ディレクター

株式会社加地 研究開発・商品企画課 課長 小川 孝史

デザイナー

株式会社加地 研究開発・商品企画課 井戸辺 彰史

詳細情報

http://www.kaji-web.co.jp/

発売
2011年6月27日
価格

9,450 ~ 10,500円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

製品に使用している超柔軟性ゴム「EXGELR」は、ウレタンフォームに比べ体圧分散や衝撃吸収に優れ、柔軟に形状を変形し身体の動きに追随するので、福祉分野で床ずれ予防などに利用されています。またモータースポーツや、チャイルドシートなどにも採用されるサステナブル社会に欠かせない素材です。またエコテックス規格100の認証を受けるなど世界的な信頼も得ています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

車いす利用者の自然で楽な姿勢を支える骨盤サポート機能と、床ずれから守ってきたEXGELRを、自動車運転に最適化した、高齢者や腰痛など身体に不安がある方に根差した商品です。また誰でも簡単に使用できるよう煩雑な調整を省き、座るだけで骨盤をホールドする形状にしています。裏面の滑り止め加工と専用ベルトは使用時の不快なズレを防止し、安定した着座姿勢と安全面にも配慮しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

運転時の疲労を改善できれば、運転の楽しさや移動の快適さを体験でき、より広範囲に行動的な生活を送れます。また運転時の集中力を高めるなど安全面も期待できます。快適で安全な運転で、クオリティー・オブ・ライフを高めることが期待できます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

福祉分野で取組んできノウハウを、自動車用クッションに応用したように、様々な分野、業種に新しい視点や発想の製品を送り込むことで、産業の発展や活性化が期待できます。また様々な分野から集めた発想を、福祉分野に応用するなど品質向上のサイクルが望めます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

長時間運転の弊害として腰痛などの症状が起こる危険性があります。それは治癒が困難で、生活での支障が発生することがあります。それら問題を緩和、抑制し、健康で活動的な社会の一歩となればと思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

身体に苦痛や悩みがある方は多く、進行する高齢化社会によりまだまだ増え続けています。それら問題と真摯に向き合い、生活の問題点を排除することでより安全で快適な生活を実現できるよう、製品開発を続けていきたいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.kaji-web.co.jp/car/m_touring.html

審査委員の評価

個人差により異なるドライビングポジションや骨盤のサポートを、3ピースからなるシンプルなパーツでホールドするデザインは、長時間のドライブ等による疲労の軽減はもちろん、腰痛防止や体力の弱った人々に対して大きな役目を果たすことであろう。人体の骨構造をイメージさせるデザインは、身体とシートとの調和を保つ役目の“ホルダーのデザイン”として評価できる。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   原 研哉   福田 哲夫  

ページトップへ