GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [鉄板ハウス]
事業主体名
エス・エヌ・ジー デザイン
分類
住宅
受賞企業
エス・エヌ・ジー デザイン (沖縄県)
受賞番号
11G05091
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「キッチンも含めて1400万円で快適な住宅を!」施主の要望はシンプル。はじめに要望を満たす最小規模のプランをまとめた。小規模の居住空間において、間仕切り壁の占有面積は見た目以上に大きい。そこで十分に耐震性能を兼ね備えた薄くても強固な鉄板を間仕切り壁として採用することで解決を試みた。結果、内部の有効面積は増加。更に耐震性能も増大し、後述する省エネ対策に必要な開放的な連続開口を設けることが出来た。他府県に比べ日照時間が夜にずれ込む沖縄。この普遍の事実を利用するために前述の連続開口部を設け、生活照明の必要時間を軽減することで、節電効果をもたらした。沖縄ならではの省エネ対策住宅である。

プロデューサー

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

ディレクター

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

デザイナー

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

詳細情報

http://su-ma-i.com

利用開始
2010年9月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

沖縄県

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

思考さえ止めなければ、最新の技術や材料等に頼ることなく身近なもので対応できることはまだまだあるはずである。アイディアやデザインが今後のサステナブル社会にとって重要なファクターになるのではないだろうか。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

日中は、太陽光を最大限利用することで自然光の中で生活を送ることが出来る。太陽とシンクロした生活は人間のDNAが本来持っている生活リズムであり、身体的或いは精神的にも安定した生活リズムとも言える。このようなライフスタイルは、現代社会の生活リズムからリセットできる住空間として、生活リズムの矯正効果を与えるものではないかと考える。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

太陽の動きとシンクロしたライフサイクルが実現出来る住宅。日没までは、自然光を最大限活用して過ごす。夜の灯りは、その時間に適した照明計画を行い、現在が夜であることを五感で認識できる空間を目指す。そうすることで、スムーズに就寝への体制を整えることが可能である。これらは、身体・精神的に安定した生活を送るための環境造りの一つの方法とも言えるのではないだろうか。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ローコスト住宅でもアイディア次第で、様々な可能性を感じることが出来るのであれば、今後、新築という選択肢を考えもしなかったユーザーに希望が芽生え、新築住宅を求めるきかっけになり得る住宅ではないだろうか。市場拡大の刺激材料になればと思う。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

沖縄の気候風土を活かし、日中は自然光を取り入れることで照明を必要としない生活を送ることができるように対策を講じた。それは結果的に消費電力の軽減につながり、同時に社会や環境に対し貢献することに繋がる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

大学や大企業による研究開発から新技術が次々と生み出されるハイテク時代の中、まだまだ個人レベルでも出来るローテクにも可能性は数多く残されている。ローテクなアイディアやデザインには、創造力が必要となる。これは、脳から生まれてくるもので、個人レベルでも思考さえ止まらなければまだまだやれることは数多くあると信じ、諦めない物作りを大切にしていきたいと考えている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エス・エヌ・ジー デザイン
http://su-ma-i.com

審査委員の評価

平面計画にはとくに目新しいアイデアは見られないが、沖縄の厳しい気候条件に考慮し、鉄板を耐震要素とした超ローコストハウスである点を評価したい。

担当審査委員| 難波 和彦   千葉 学   手塚 由比  

ページトップへ