GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
個人住宅 [みゆきの家]
事業主体名
合同会社冨川浩史建築設計事務所
分類
住宅
受賞企業
合同会社冨川浩史建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
11G05059
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

長野県松本市街に程近い、美ヶ原温泉の傾斜地にみゆきの家は建っています。子育てを終えた御夫婦2人で、世間から少しだけ離れてひっそりと暮らせる住まいを望まれました。道路に面したRC造の地下1階にガレージ・玄関・収納、木造の1階にキッチン・リビング・ライブラリー・ベッドルーム・クローゼット・レストルーム・バスルームが中庭を囲むように配置されています。現代的な小屋組みを現しにした大きな気積の家と低い天井で包まれるような小さな気積の家。大小二つの曲がり家が寄り添うようにして一つの家をかたち作ります。地元産のヒノキを用いて柱・梁と同じ材料で木製サッシを組み、構造・構法双方に工夫を凝らしています。

ディレクター

冨川浩史/合同会社冨川浩史建築設計事務所代表

デザイナー

冨川浩史/合同会社冨川浩史建築設計事務所代表

冨川浩史/合同会社冨川浩史建築設計事務所代表

詳細情報

http://www.siestaweb.jp

利用開始
2010年11月8日
販売地域

日本国内向け

設置場所

長野県松本市里山辺461-2

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

構造体の軸組みと建具との距離を近づけたいと考えました。柱・梁と同じ材料で木製サッシを組み、構造の一部を負担するように計画しました。また、建て方の時点でサッシ周りを同時に組むことによって、大工の現場での造作人工を減らし、コストと納期、無駄な材料の消費を低減しています。軸組み・サッシには地元産のヒノキを利用し、地産地消に勤めています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

身体の動きに合わせた平面・人間の感情に合わせた気積をつくることを考えました。各部屋は方角や外部環境、機能面やプライバシーといった観点から注意深く配置しました。クライアントの住まい方の動線や機能面から、わかりやすい平面と高さや小屋組みの違う天井が生まれました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

リビングにダイニングテーブルとリビング収納、デイベッドのようなソファを組み合わせた家具を仕立てました。大きなひとつの家具で空間を自由に使いこなせるようにできます。リビングセットとダイニングセットを置くには窮屈な平面でしたが、平面を大きくしなくとも家具を工夫することで解決しました。建物を無駄に大きくしないで済み、人にとって最適な気積を生み出すことができました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

みゆきの家のためにオリジナルの紋様をつくりました。ベッドルームの障子と階段・リビング・バスルームの3ヶ所の特注照明器具をオリジナル紋様を使い製作しました。光の質や大きさをコントロールすると共にそれぞれ特徴のある空間を彩っています。グラフィックデザイナー・照明デザイナーと共同することでデザインの可能性を広げることが出来ました。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

伝統的な日本の木造家屋の継承とこれからの時代に適応させる為の翻訳を試みています。中庭を入れることで、在来工法ベースのスパン設定が可能となり、木製サッシの枠に構造の一部を負担させることで、大きなスパンにしながらも、在来工法よりも架構の木材量を減らすことに成功しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

自分達の世代で、自分達の社会をつくろうとしています。建築をつくる際、材料の流通・加工にまでさかのぼり、新しい構造、構法の探求をしています。地味だけれども、目立たない作業の積み重ね、ぶれないコミュニケーションの積み重ねが これからの自分達の社会における建築の価値観を築くと信じています。クライアントと建築との幸せな関係、時代を超えて残る建築をつくりたいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

個人住宅なので冨川浩史建築設計事務所を通してのみ見学が可能です。
https://www.siestaweb.jp

審査委員の評価

中庭を囲む二つの切妻屋根が醸し出す穏やかな佇まい、木を用いた温かみのあるインテリア、丁寧なディテールなど、全体を通じて質の高い建築を誠実に作り出している点が高く評価された。

担当審査委員| 難波 和彦   千葉 学   手塚 由比  

ページトップへ